タイトル 「博物館でお花見を」
日時 2017年3月14日(火)~4月9日(日)
9:30-17:00(金曜・土曜は20:00まで、4月2日[日]、9日[日]は18:00まで開館。入館は各日とも閉館30分前まで)
休館日:3月21日(火) 
会場 東京国立博物館(東京都台区上野公園13-9)
料金 一般 ¥620、大学生 ¥410、高校生以下および満18歳未満と満70歳以上の方は無料(入館時に要証明)
*「博物館でお花見を」関連イベントは一部を除き参加無料(但し、当日の入館料要)
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京国立博物館 http://www.tnm.jp

東京・上野の東京国立博物館にて、桜の時期に恒例となっている総合文化展。
帝冠様式として名高い本館の裏手に広がる緑豊かな庭園が一般開放されるほか、本館の展示室の一部もサクラ色に染まる。狩野長信筆による国宝《花下遊楽図》を筆頭に、《源氏物語図屏風(若菜上)》、《色絵桜楓文木瓜形鉢》、桜材を彫り上げた《不動明王立像》など、桜がモチーフとなっている絵画や工芸品が展示される。
同博物館が建っているのは、徳川の御代に隆盛を極めた寛永寺が保有していた広大な敷地の一部。庭園はその名残とされ、秋は紅葉、春は10種以上の桜に彩られる。かつて動植物の研究部門があった頃に植えられた、珍しい樹木や草花が見られるのも魅力のひとつ。池を囲むようにして、公爵家ゆかりの《九条館》や《六窓庵》など五棟の茶室が点在し、今回のイベントでは、小堀遠州が建てた数寄屋を元とする《転合庵》の内部が特別に公開される(公開は5月7日まで。内部立ち入りは不可、鑑賞は外部からのみ)。
会期中は茶会やワークショップ、音楽会、ガイドツアーやセミナーなども各種開催。イベント開催日や作品の展示期間など、詳細はホームページにて公開。

画面奥:茶室《転合庵》
4月1日(土)、7日(金)、8日(土)は夜間ライトアップを実施(19時30分まで)