タイトル 南極建築 1957-2016
日時 2017年3月30日(木)〜5月27日(土) 10:00-18:00 休館:水曜
会場 LIXILギャラリー(東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F)
料金 入場無料
電話番号 03-5250-6530
LIXILギャラリー http://www1.lixil.co.jp/gallery/

今年2月21日まで大阪のLIXILギャラリーで開催された企画展「南極建築 1957-2016」の東京巡回展。日本の南極基地に建てられた建築物は、極寒と強風に耐えるためにさまざまな進化を重ねてきた。本展では、日本初のプレファブ建築が誕生した第一次観測隊の1957年から、2016年までの約60年間を5期に分け、昭和基地を軸とした日本の”南極建築”の変遷を紹介する。日本とは異なるアプローチをみせる諸外国16か所の南極基地の写真もあわせて展示。
関連企画として、現地に詳しい関係者2氏による講演会と、特別展も開催される。特別展は、会場に展示され、図録BOOKLETにも収録されている図解イラストを手掛けた、『ジェット機と空港・管制塔』や『図解絵本 工事現場』などの著作で知られるモリナガ・ヨウ氏のミニ原画展。本展のために制作されたイラストに加え、これまでに描かれたほかの作品も含めて披露される(4月21日(金)より、同館1Fレセプションスペースにて)。

昭和基地・管理棟(1992年 33次隊)

【関連企画】
講演会1 学び楽しむ「南極セミナー」
日時 2017年4月13日(木)18:30-19:30
講師 井熊英治氏(第47,50,52,53次日本南極地域観測隊員、株式会社ミサワホーム総合研究所 南極研究プロジェクト)
会場 LIXIL:GINZA 1Fレセプションスペース

講演会2 世界の南極建築 知恵と工夫と未来について
日時 2017年4月21日(金)18:30-20:00
講師 白石和行氏(国立極地研究所 所長)
会場 AGC studio(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館2F)
参加無料、要申込(先着順、定員80名)

両講演会とも参加無料、要申込(先着順、定員50名)。
詳細・申し込み方法はLIXILギャラリーホームページを参照。

「モリナガ・ヨウのミニ原画展」
会期 2017年4月21日(金)~5月9日(火)
会場 LIXIL:GINZA 1Fレセプションスペース
休館 日曜、水曜
開館時間 10:00-18:00
入場無料