タイトル INAXライブミュージアム10周年特別展第2弾「完成!常滑ガウディ」
日時 2017年4月15日(土)~5月30日(火) 10:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜(祝日の場合は開館)
会場 INAXライブミュージアム 「土・どろんこ館」 企画展示室
愛知県常滑市奥栄町1-130
料金 共通入館料にて観覧可
一般 ¥600、高・大学生 ¥400、小・中学生 ¥200
電話番号 0569‐34‐8282
INAXライブミュージアム http://www1.lixil.co.jp/ilm/
「完成!常滑ガウディ」ニュースリリース http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2017/100_culture_0322_01.html

エントランスから見た作品

Photo /Toshihide Kajihara

昨年11月から今年3月末までの会期で、愛知県常滑市のINAX ライブミュージアムで開催された企画展「つくるガウディ」において、日置 拓人(建築家/南の島工房一級建築士事務所)、久住 有生(左官職人/左官株式会社)、白石 普(タイル職人/白石普タイルワークス)の三氏が共同制作した作品が今年3月に完成、美しい照明演出とともに披露される。
昨年開館10周年を迎えた同館のコンセプトである「土とやきもの」、「ものづくり」の視点からアプローチしつつ、アントニオ・ガウディ未完の建築「コロニア・グエル教会」 に着想を得て制作されたもの。「つくるガウディ展」の約半年の会期中、タイルと左官の職人が対話を重ね、ものづくりの現場で協働した過程を、完成したガウディへのオマージュ作品とともに振り返り、やきものの町・常滑の地から、ガウディ建築を新たに読み解く。