タイトル 村野藤吾の建築―世界平和記念聖堂を起点に
日時 2017年5月16日(火)~7月9日(日)
会場 広島市現代美術館(広島県広島市南区比治山公園1-1)
電話番号 082-264-1121
問い合わせ https://www.hiroshima-moca.jp
特設ウェブサイト https://www.hiroshima-moca.jp/togo_murano/

    村野藤吾《世界平和記念聖堂》
    撮影:市川靖史

日本を代表する建築家の一人、村野藤吾(1891~1984)が設計した広島の《世界平和記念聖堂》を中心とした展覧会。6月18日(日)には内部見学ツアーも開催される(要事前申込、詳細はホームページ参照)。
《世界平和記念聖堂》は1954年竣工、翌年度の日本建築学会賞を受賞した、村野の代表作のひとつ。2006年には戦後建築物として初めて、国の重要文化財に指定されている。時間と共に趣を醸し出すファサード、独特の陰影、素材の質感や手触り、和と洋の絶妙な融合、やわらかな曲線の美しさなど、村野が検討を重ねてデザインされたことが、本展に出展される貴重な図面の数々で確認することができる。
戦前戦後を通じて関西を中心に活動し、宝塚市に自邸も構えていた村野は、同聖堂の他にも、百貨店、市民館、劇場など数多くの個性豊かな建築を手がけたことで知られる。没後10年の1994年、村野の遺族から5万点を超える設計原図が京都工芸繊維大学美術工芸資料館に寄贈され、同大学建築学研究室および「村野藤吾の設計研究会」によって、整理と研究が進められている。本展に出展される貴重な資料は、長年にわたる研究成果を一般にも公開するもの。学生たちが毎年制作する村野作品の精密な縮尺模型も並び、本展におけるみどころのひとつとなっている。