タイトル モダンリビングへの夢―産業工芸試験所の活動から
日時 2017年5月22日(月)〜8月13日(日)10:00-18:00(土曜日、 特別開館日は17:00閉館)
休館日:日曜、祝日(6月11日[日]、7月17日[日・祝]、8月13日[日]は特別開館)
会場 武蔵野美術大学美術館 展示室2(東京都小平市小川町1-736)
料金 入場無料
電話番号 042-342-6003
詳細 http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/11107

産業工芸試験所とは、商工省工芸指導所(1928年設立)が1952年に改組した通産省下の研究所で、国の機関として産業振興のためのデザイン・工芸の研究を行なった。本展では、1950年代から60年代を中心に、この産業工芸試験所による試作品や、国内外で収集された参考品など約150点を紹介、戦後復興期から高度経済成長期の日本が目指したデザイン、そして生活像を探る。6月24日(土)には関連イベントも開催される(予約不要、当日受付、会場定員100名)。

鼎談
日時 2017年6月24日(土) 14:00-15:30(13:30開場)
会場 武蔵野美術大学 美術館ホール
出演者:
藤森照信(建築史家、建築家、東京大学名誉教授、東京都江戸東京博物館館長)
柏木博(武蔵野美術大学名誉教授)
高島直之(武蔵野美術大学芸術文化学科 教授)