タイトル 国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展
日時 2017年6月14日(水)~9月4日(月)
10:00-18:00(毎週金曜日、土曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで)毎週火曜日休館
会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京都港区六本木7-22-2)
料金 一般 ¥1,600、大学生 ¥1,200、高校生 ¥800、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.nact.jp
展覧会特設サイト http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

アルベルト・ジャコメッティ 《歩く男Ⅰ》 1960年 ブロンズ
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家、アルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)の大規模回顧展。
画家の息子としてスイスに生まれたジャコメッティは、ジュネーヴで美術を学んだのち、20歳でフランス・パリに渡り、スイスで没する直前まで活動の拠点とした。渡仏した頃は、キュビスムやシュルレアリスム、さらにはルーブル美術館や民俗学博物館で目にしたアフリカやオセアニアの彫刻などからも影響を受け、吸収していく。1933年に父親と死別して以降は、シュルレアリスムと決別し、モデルと向き合った、独自のスタイルの創出を試みるようになる。身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻作品はこうして誕生した。
本展は、パリと、チューリヒのジャコメッティ財団と並び、世界3大ジャコメッティ・コレクションの一角を占める、南フランスにあるマーグ財団美術館のコレクションを中心に、初期から晩年まで、彫刻約50点をはじめ、油彩、素描、版画など、あわせて132点が出品される。
東京・国立新美術館での会期終了後、愛知県・豊田市美術館に巡回予定(2017年10月14[土]~12月24日[日])。


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
本展ペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「国立新美術館 ジャコメッティ展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は7月10日(月)。ご応募をお待ちしております。