タイトル 「そこまでやるか」壮大なプロジェクト展
日時 2017年6月23日(金)〜10月1日(日)10:00-19:00(入場は18:30まで)
六本木アートナイト特別開館時間:9月30日(土)10:00-24:00(入場は23:30まで)
会場 21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
料金 一般 ¥1,100、大学生 ¥800、高校生 ¥500、中学生以下無料
1Fショップは入場無料
電話番号 03-3475-2121
会場URL www.2121designsight.jp

既存の表現方法の垣根を超えた大胆な発想を実現する、つくることの喜びとともに「壮大なプロジェクト」に向かって歩みを進める国内外のクリエイターたちによる「壮大なプロジェクト」の数々を紹介する企画展。『そこまでやるか』と名付けたタイトルには、「自分にはとてもじゃないけどできないことをやり遂げてしまう人」への素直な驚きと尊敬の念が込められている。

 

参加作家:クリストとジャンヌ=クロード、石上純也、ヌーメン/フォー・ユース、ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ、淺井裕介、ダニ・カラヴァン、ジョルジュ・ルース、西野 達

 

下の写真は、21_21 DESIGN SIGHTに2017年3月31日にオープンしたギャラリー3において披露された西野 達の新作。ギャラリー3を含む《21_21 DESIGN SIGHT》を設計した安藤忠雄建築の中に、カプセルホテルをモチーフとしたインスタレーションを展開。会期中は、ホテルのデコレーションであるかのように過去の写真作品や新作彫刻も展示し、「六本木のど真ん中に突如として出現したアートホテル」として運営する。

西野 達「カプセルホテル21」
撮影:木奥恵三