大工と共に日本の建築をつくってきた左官。
でもいまや、「左官」とは何かを知らない人も増えています。
それでも職人自身は、自分たちのもつ技術と、
実際につくり出す壁や床、造形の素晴らしさに誇りをもち、
なんとかこの技術と文化を後世に継いでいきたいと願っています。

日本の誇るべき職人文化はこのまま衰退してよいのでしょうか?
受け継ぎたいと願うなら何が必要なのでしょうか?
そんなことをテーマに、昨年の東京・名古屋に続き、山形でシンポジウムが開かれます。
仕切り役は、いまや左官界の革命児であり、日本左官会議議長でもある挾土秀平さん。
下記のサイトから申し込み受付中です。

日 時| 2017年7月15日(土)12:00開場
14:30〜17:30 シンポジウム(本館4階 408講義室)
12:30〜14:00、左官の実演を行います(本館2階 211教室)
*18:30より山形駅前で懇親会を開催します。会費4000円 定員40名
参加ご希望の方は同時にお申し込みください。定員になり次第、締め切ります。

会 場| 東北芸術工科大学 山形市上桜田3-4-5
    実演会場(本館2階211教室)で受付後、4階へお上がりください

主催 公益社団法人 日本左官会議
協賛 イケダコーポレーション 稲田亀吉商店 建築資料研究社/日建学院
   公益社団法人 日本建築家協会東北支部山形地域会 ほか
協力 コンパス会 一般社団法人 山形県建築士会 山形県左官工業組合青年部 LIXIL 

http://www.sakanjapan.com/forum.html