タイトル 日本の家 1945年以降の建築と暮らし
日時 2017年7月19日(水)~10月29日(日)10:00-17:00(金曜・土曜は10:00-21:00、入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週月曜(9月18日、10月19日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
会場 東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3-1)
料金 一般 ¥1,200、大学生 ¥800、高校生以下無料、各種割引有り
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会URL http://www.momat.go.jp/am/exhibition/the-japanese-house/

日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する。2016年秋からローマ、ロンドンで開催された展覧会の巡回展。
日本の住宅建築を成立させる条件が大きく変わった戦後に焦点をあて、時系列ではなく13のテーマに分類して展示することで、時代性や社会性、立地環境や人と人とのつながりなど様々な視点から「日本の家」を検証する。また本展では、中に入って体感できる実物大模型も。日本住宅建築の名作のひとつで、ヴァルター・グロピウスに高く評価されたという逸話も残る《斎藤助教授の家》(清家清、1952 年、現存せず)を、オリジナルの家具付きで制作し、展示する。

2016 年11月に開催されたローマのMAXXI 国立21世紀美術館での展示風景
© シモーナ・フェラーリ、写真提供:アトリエ・ワン


出展建築家(アイウエオ順)
相田武文、青木 淳、東 孝光、アトリエ・ワン(塚本由晴+貝島桃代)、阿部 勤、安藤忠雄、アントニン・レーモンド、五十嵐 淳、生物建築舎(藤野高志)、生田 勉、池辺 陽、石山修武、伊東豊雄、乾 久美子、o+h(大西麻貴 +百田有希)、大野勝彦+積水化学工業、岡 啓輔、柄沢祐輔、菊竹清訓、岸 和郎、隈 研吾、黒川紀章、黒沢 隆、金野千恵、坂倉準三、坂本一成、篠原一男、篠原聡子、島田 陽、白井晟一、清家 清、妹島和世、丹下健三、手塚建築研究所(手塚貴晴+手塚由比)、dot architects(家成俊勝 +赤代武志)、中川エリカ、中山英之、難波和彦、西沢大良、西沢立衛、西田 司、長谷川逸子、長谷川 豪、広瀬鎌二、藤井博巳、藤本壮介、藤森照信、前川國男、増沢 洵、宮本佳明、無印良品、毛綱毅曠、山下和正、山本理顕、吉阪隆正、吉村順三


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立近代美術館 日本の家展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2017年8月21日(月)。ご応募をお待ちしております。