タイトル MINIATURE LIFE 展 田中達也 見立ての世界
日時 2017年9月1日(金)~12日(火)10:00-20:00(但し、9月2日[金]、3日[土]、8日[金]、9日[土]は20:30まで、最終日は18:00閉場・各日とも入場は閉場の30分前まで)、会期中無休
会場 新宿髙島屋11階特設会場(東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24-2)
料金 一般 ¥800、大学・高校生 ¥600、中学生以下無料
電話番号 03-5361-1111(新宿高島屋代表番号)
イベント公式サイト http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event/miniture_life/index.html
MINIATURE CALENDAR 公式サイト http://miniature-calendar.com
NHK「ひよっこ」ウラ話vol.3 タイトルバック・メイキング http://www.nhk.or.jp/hiyokko/special/urabanashi03/

ミニチュア写真家の田中達也氏による作品展。
田中氏は1981年熊本市生まれ、現在は鹿児島市在住。日用品とジオラマ用人形をモチーフにして、日常にあるものを別のものに見立てたアート「MINIATURE CALENDAR」を制作、2011年4月から毎日、自身のTwitterやfacebook、Instagramを使って発表し続けている。作品のアートディレクションから撮影まで自身で行ない、生み出される作品が醸し出す独自の世界観が、インターネットを通じて国内外から注目を集め、今年6月には台湾で「微型展 -田中達也的奇幻世界-」を開催(会期:6月29日-9月10日)。また、国内では今年4月放送開始のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当していることでも話題。
国内における単独開催では過去最大級となる本展では、ミニチュア写真作品約95点のほか、コーンに入ったアイスクリームを地球に見立てた「地球は甘かった」などのジオラマ作品約30点もあわせて展示、列車に見立てたコッペパンがレール上を走行する動くジオラマ作品「新パン線」を含めて、本展が初公開となる新作4点も披露される。「ブロッコリー1本分のサバンナ」をモチーフとした巨大ブロッコリのフォトスポットも設置され、ミニチュア体験とともにフォトジェニックな写真撮影も楽しめる(新作4点を除き、場内は撮影可能)。9月2日(土)と3日(日)14時より、作家によるギャラリートークも開催される(要入場料、予約不要)。
なお、新宿高島屋での会期終了後、大阪の大丸ミュージアム〈梅田〉に巡回予定(会期:9月20日-10月2日)。

田中達也「新パン線」(C) Tatsuya Tanaka