タイトル 富山県美術館開館記念展 Part 1 生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて
日時 2017年8月26日(土)~11月5日(日)9:30-18:00(入館は17:30まで、8月26日(土)13:00より一般公開)
休館日:水曜(祝日を除く。但し、祝日の翌日、8月30日、9月24日、11月4日は臨時開館)
会場 富山県美術館 2階展示室2、3、4(富山県富山市木場町3-20)
料金 一般 ¥1,300、大学生 ¥950、高校生以下無料
電話番号 076-431-2711
問い合わせ http://tad-toyama.jp
全面開館記念イベント http://tad-toyama.jp/exhibition-event/category/event
富山県美術館の建築・デザインについて http://tad-toyama.jp/about/design

「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」ポスター(デザイン:佐藤 卓)

展覧会コンセプトや展示にデザインの視点を積極的に取り入れ、来場者とアートおよびデザインをつなぐ場となることを目指して、富山市に富山県美術館(Toyama Prefectural Museum of Art and Design [TAD])が8月26日に全面開館する(建築設計:内藤廣建築設計事務所)。
開館記念展の第一弾は、アートの根源的なテーマである「生命=LIFE」を「『すばらしい世界=楽園』をもとめる旅」ととらえ、「子ども」「愛」「日常」「感情」「夢」「死」「プリミティブ」「自然」の8つの章により構成。個人蔵を含む国内外の美術館コレクションの中から、印象派、ウィーン世紀末美術、20世紀を代表する絵画やモダンアートの名品を中心に紹介する。会期は前期と後期に分かれ、一部の作品で展示替えがある。

なおTADは、本展に先立つ3月25日に一部開館しており、各種トークショーや教育普及プログラムなどがすでに開催されている。全面開館当日および以降も開館記念イベントが目白押し。同館にて、記念コンサートや、同館の新ロゴマークをデザインした永井一正氏と、屋上庭園「オノマトペの屋上」や開館告知ポスターなどをデザインした佐藤卓氏が登壇するトークイベントなど、また市内の会場にて関連イベントも予定されている。