タイトル 高岡クラフツーリズモ
日時 2017年9月23日(土)9:30-17:30(集合 JR北陸新幹線新高岡駅、解散 新高岡駅またはJR・万葉線・あいの風とやま鉄道高岡駅)
会場 富山県高岡市内
料金 参加費:コースA ¥9,000(昼食含む)、コースB ¥9,000(昼食含む)、コースC ¥12,000円(税込み、昼食・体験材料費含む)
当日夜 交流会参加費 ¥3,000(税込)
電話番号 0766-25-5455(高岡クラフツーリズモ窓口:高岡トラベルサービス)
申し込み締切 2017年8月31日(木)
問い合わせ http://craft-tourism.jp/moshikomi-2
高岡クラフツーリズモ公式ウェブサイト http://craft-tourism.jp
高岡クラフツーリズモfacebook https://ja-jp.facebook.com/crafttourism/
高岡伝統産業青年会 http://www.takaoka-densan.com

高岡銅器の歴史は、慶長16年(1611年)、加賀藩初代藩主となる前田利長公の高岡入りの際に、城下の産業政策を目的に7人の鋳物師を城下に住まわせたことに始まったとされる。以来400年、高岡は銅器づくりだけでなく、彫刻彫りや漆芸、螺鈿細工などのモノづくりの街として、伝統の技と文化を現代まで引き継いでいる。
今年で開催9回目となる「高岡クラフツーリズモ」は、地元の高岡伝統産業青年会が企画し、高岡の街と工場を巡る見学ツアー。普段は見ることのできない、伝統産業に携わる工房を1日限りで特別に公開し、職人自ら案内人も務める。
募集締め切りは8月31日(木)、応募多数の場合は抽選。応募・詳細は公式サイト参照。


[コース内容]
コースA(定員15名):スタンダード高岡コース~鋳物から漆器まで~
 【原型】嶋モデリング/【鋳造】小島製作所/【着色】モメンタムファクトリー・Orii
 【販売】漆器くにもと/【漆】武蔵川工房
コースB(定員4名×3組):マニアック高岡コース~高岡をもっと知りたくなったあなたに~
 【研磨】迅福堂(尾崎迅)/【金工作家】atelier山道(青木有理子)/【着色】色政
 【漆】アルベキ社/【販売】大寺幸八郎商店(金屋町)
コースC(定員20名):1日職人コース~能作の工場見学と真鍮の鋳物体験!
 【鋳造】能作