タイトル シャガール 三次元の世界
日時 2017年9月16日(土)〜12月3日(日)10:00-18:00(金曜は20:00まで開館、入館は閉館30分前まで) 休館日:月曜(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
会場 東京ステーションギャラリー
(東京都千代田区丸の内1丁目9-1 JR東京駅丸の内北口改札前)
料金 一般 ¥1,300、高校・大学生 ¥1,100、中学生以下無料
電話番号 03-3212-2485
東京ステーションギャラリー http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

20世紀を代表する美術界の巨匠のひとりであるマルク・シャガール(1887-1985)。数々の名画を残したシャガールが、戦後は陶磁器を手がけ、60代前半からは彫刻にも取り組んでいたことはあまり知られていない。本展は、シャガールの三次元作品を本格的に紹介する、日本では初の展覧会。
会場は「絵画から彫刻へ――《誕生日》をめぐって」「空間への意識――アヴァン・ギャルドの影響」「穿たれた形――陶器における探究」「立体への志向」「平面と立体の境界」の5章立て。日本初公開を含む、油彩・水彩70点、彫刻・陶器60点、素描・版画など40点、総点数170点で構成される(会期中、展示替えあり)。立体作品の紹介を主軸としながら、同様のテーマやモチーフが見られる平面作品をあわせて展示。初期の絵画作品から、三次元的な制作への関心を追い、立体作品と平面作品との深い関係性を浮かび上がらせる。没後32年を経て、新たなシャガール像を発見する展覧会。
■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京ステーションギャラリー シャガール 三次元の世界 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は10月16日(月)。ご応募をお待ちしております。