タイトル 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ
日時 2017年9月16日(土)〜12月3日(日)
開館時間:10:00-17:00(※ナイトミュージアム:毎週金曜、9月30日は10:00-19:00まで)、入場は各日とも閉場30分前まで
休館日:月曜(但し、9月18日、10月9日は祝日につき開館)、10月10日(火)
会場 三井記念美術館(東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階)
料金 一般 ¥1,300、大学・高校生 ¥800、中学生以下無料
※ナイトミュージアム料金(上記日程の17:00以降)一般 ¥1,000 大学・高校生 ¥500、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
三井記念美術館 http://www.mitsui-museum.jp

こんにち「超絶技巧」と称される、金工、牙彫、木彫、陶磁、刺繍絵画などにみられる極めて精緻な工芸作品は、江戸から明治への歴史的転換期において、大名家という大きなパトロンを失った職人たちが、明治政府が推し進めた国策を追い風に、海外へ向けて製作したもの。欧米での博覧会や国際展示会において高く評価されたものの、日本国内では現存する数が少なく、美術史における再評価の機運も近年になってからである。
本展は、2014年から翌年にかけて、東京の三井記念美術館を皮切りに全国6会場を巡回した「超絶技巧!明治工芸の粋」展に続く第二弾。前回同様に、山下裕二明治学院大学教授が監修者を務め、京都の清水三年坂美術館のコレクションを中心に、近年各所での調査で確認された明治期の優品も展示される。これらの明治期の「超絶技巧」作品とあわせて、今回は若手を含む現代の工芸作家(下記)も出展。両時代の作品群から、日本の工芸の美と技の系譜をあらためてたどる。

<出展作家>
青山悟(刺繍)、稲崎栄利子(陶磁)、臼井良平(ガラス)、大竹亮峯(木彫)、加藤巍山(木彫)、佐野藍(石彫)、更谷富造(漆工)、鈴木祥太(金工)、高橋賢悟(金工)、橋本雅也(牙彫)、春田幸彦(七宝)、本郷真也(金工)、前原冬樹(木彫)、満田晴穂(自在)、山口英紀(水墨)