タイトル 九州発北欧展2017 in 京都
日時 2017年9月23日(土)~10月1日(日)
会場 京都府京都市内(注.会場によってオープン日・会期が異なる)
A会場:アクタス・京都店(京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸内)
B会場:Impact Hub Kyoto(京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97番地)
C会場:COCON烏丸 1階オープンスペース(京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地)
D会場:長性院(京都市下京区高倉仏光寺)
E会場:平安湯・松葉湯・玉の湯・サウナの梅湯(京都市左京区吉田下大路町22・上京区西東町356・中京区亀屋町401・下京区岩滝町175)
料金 有料イベントについては下記ホームページ参照
電話番号 要予約のイベント申し込み先は下記ホームページ参照
「九州発北欧展2017 in 京都」公式ホームページ https://hokuouten2017.blogspot.jp
「九州発北欧展」公式facebook https://ja-jp.facebook.com/hokuouten/

「九州発北欧展」とは、九州産業大学建築都市工学部住居・インテリア学科(2017年4月1日以降の名称)の小泉隆教授が、同校の学生とともに2011年に立ち上げた東日本大震災チャリティーイベント。震災後の日本の暮らし・在り方を考えるうえで、福祉や教育の社会制度が充実し、国民の幸福度も高い北欧諸国が指針になるのではないかと考え、北欧の文化、社会、デザインなどをテーマにしたイベントを福岡市で開催したのがはじまり。北欧に関するトークショーやワークショップ、デザイン展などの参加料を義援金として取りまとめ、日本赤十字社を通して被災地に送っている。以降、北欧をテーマに、豊かな暮らしとは何か、その魅力をわかりやすく伝えつつ、義援金を被災地に送る活動「北欧展」を継続。昨年はイベント参加費の全額とセールで得た収益の一部を熊本地震の被災地へと送った。活動の場は県外にも拡がり、これまでに栃木、鹿児島、東京の各所で九州発の「北欧展」を開催。7回目となる今年は京都で初めての開催となる(主催:九州産業大学建築都市工学部および北欧展京都実行委員会)。会場は市内各所に点在し、例年通り、北欧文化について親しみながら学べる趣向となっている。北欧の福祉、教育、社会づくり、建築、インテリアについて紹介するトークショー、写真展、北欧ブランドのファブリックを使ったワークショップ、伝統音楽のコンサートのほか、銭湯では北欧のサウナ文化の体験イベントも。イベントの内容と開催日時、申し込み方法など詳細は公式ホームページまたはfacebookを参照。