タイトル 原田真宏・原田麻魚×鈴木輝隆「身体と建築と町をつなぐ」
日時 2017年12月14日 18:30〜20:40(18:00開場)
会場 3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース 東京都千代田区外神田6-11-14
料金 一般 ¥1,500 コンフォルト定期購読者 ¥500
電話番号 03-3986-3230(建築資料研究社出版部)
申込み先 info@confortmag.net

マウントフジアーキテクツスタジオの原田真宏さんと原田麻魚さん、
そして立正大学特任教授の鈴木輝隆さんをお迎えして、コンフォルト主催の講演会を開催します。

住宅から公共施設まで、幅広い建築を手がけるマウントフジアーキテクツスタジオ。
彼らは、木や土、金属などさまざまな素材の特性をていねいに読み込みながら、
これまでに体験したことの無いような空間をつくりあげています。
そして、それぞれの建築が立つ場所の特性をしっかりと読み解き、設計に生かしているのも特徴です。

小誌でも紹介した「道の駅ましこ」(栃木・2016年12月号掲載)、
「知立の寺子屋」(愛知・2017年6月号掲載)など、
地域との関わりが深い作品を中心に、それらの計画から完成までのストーリーについてお話いただきます。

また、マウントフジアーキテクツスタジオが今まさに進めている愛媛・内子町のプロジェクトで協働している
「みつばち先生」こと鈴木輝隆さんにもご登壇いただきます。
鈴木輝隆さんは、隈研吾さんや原研哉さん、梅原真さんなどさまざまなクリエーターとともに、
日本全国で地域づくりに関わってこられました。
これまで手掛けたプロジェクトについて、そこから見えてくるいまの日本について、お話いただきます。

そして、原田真宏さん、原田麻魚さんと鈴木輝隆さんとのディスカッション。
内子町でのプロジェクトから、どのようなお話に展開していくでしょうか。

 

主催:建築資料研究社 出版部/コンフォルト編集部
協賛:SHY/オスモ&エーデル/キーテック/クリエーション バウマン ジャパンスクリムテックジャパンストローグ大東建託

*先着80名。定員になり次第、募集を終了いたします。
*申込みは、こちらの申込みフォームか、上記メールアドレスまで。
メールでご応募される方はお名前(ふりがな)、職業・所属、ご住所、電話番号、
メールアドレス、申込み区分(一般・定期購読)を明記のうえ、お送りください。
*学生は無料。建築系学生のための情報発信サイトLUCHTA(ルフタ)からお申込みください。

 

写真:「知立の寺子屋」撮影/堀田貞雄(コンフォルト156号)