タイトル オルビス30周年記念「ケの美」展
日時 2017年11月17日(金)〜 12月24日(日) 11:00-20:00(最終入場は19:30まで) 会期中無休
会場 ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F)
料金 入場無料
展覧会公式サイト https://orbis-kenobi.com
ポーラ ミュージアム アネックス http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

ポーラ・オルビスグループのオルビス株式会社創業30周年を記念する展覧会。
グラフィックデザイナーの佐藤卓氏をディレクターに迎え、日本人の伝統的な世界観である「ハレ」と「ケ」の「ケ」に着目し、あたりまえの日常を意味する「ケ」の中にある「美」について、各界で活躍されるデザイナー、クリエイターの14名の方々と共に考察を試みる。また、来場者に自身の「ケ」(日常)について見つめ直す機会とし、「朝食:普段の朝食を真上から撮影したもの」、「場所:普段よくいる場所を撮影したもの」、「漢字:日常を感じる、漢字一文字を撮影したもの」のいずれかテーマで撮った写真を、会期中、展覧会公式サイトから投稿を受け付け、参加型作品「みんなのケ」として展示する。


「ケの美」展。あたりまえの中にある「美」。
日本人の伝統的な世界観として、私たちの生活には、非日常的な「ハレ」と、日常である「ケ」の両面があります。「晴れ着」というように、祝い事や特別なイベントが「ハレ」であるのに対して、毎日繰り返されるごくあたりまえのことが「ケ」にあたります。現代社会は、とかく華やかな「ハレ」が注目を集めますが、その華やかな「ハレ」も、一見退屈にさえ思える「ケ」の充実の上にこそ、特別で有り難い(ありがたい)ものとして感じられるのではないでしょうか。この展覧会では、毎日あたりまえに繰り返される日常生活の中における「ケ」に着目し、さらにそこに潜む「美」とは何かを、日常生活に新たな提案をされ続けているクリエイターの方々にご参加いただき、浮かび上がらせたいと思います。
展覧会ディレクター 佐藤卓

参加クリエイター(五十音順敬称略)
石村由起子、緒方慎一郎、小川糸、隈研吾、小山薫堂、塩川いづみ、柴田文江、千宗屋、土井善晴、
原田郁子、松場登美、皆川明、柳家花緑、横尾香央留