タイトル レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
日時 2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日)
月・水~日曜:10:00-22:00(最終入館 21:30)、火曜日:10:00-17:00(最終入館 16:30)
会期中無休
会場 森美術館森(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52、53階)
料金 一般 ¥1,800、65歳以上 ¥1,500、学生(大学・高校生) ¥1,200、小中学生〜4歳児 ¥600
金沢21世紀美術館で撮影した《スイミング・プール》の画像を受付で提示した場合、上記各料金から一律¥100割引(12月17日まで)など、各種割引あり(詳細は森美術館ホームページ参照)
電話番号 03-5777-8600(問い合わせ先 ハローダイヤル)
森美術館 http://www.mori.art.museum/jp/

レアンドロ・エルリッヒ《建物》 2004年
リノリウムにデジタルプリント、照明、鉄、木材、鏡
800 x 600 x 1,200 cm
展示風景:104-パリ、2011年

レアンドロ・エルリッヒ(Leandro Erlich, 1973-)は、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト。建物や教室、地下鉄、エレベーターなど、日常の中のありふれたものを作品のモチーフに取り上げ、2004年のオープンと同時に金沢21世紀美術館に恒久所蔵された《スイミング・プール》のように、観客自らが作品の中に入り込み、体験することで、初めて完成される作品も数多い。
本展は、エルリッヒの約四半世紀にわたる活動の全容に迫る、世界でも過去最大規模の個展となる。1995年に制作された初期の作品のほか、《スイミング・プール》のプロトタイプ模型と写真、エルリッヒの作品の中でも特に人気がある、体験型インスタレーションのシリーズ作品《建物》の新バージョン、社会的メッセージが込められた新作の《教室》など、44点の作品を紹介する。そのうち《反射する港》《試着室》など約8割の作品が日本初公開。会場では写真撮影も可能で、体験しながら現代アートに親しめる構成となっている。

■チケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「森美術館 レアンドロ・エルリッヒ展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年1月29日(月)。ご応募をお待ちしております。