日時 2017年12月6日(水)〜25日(月)10:00-19:00 会期中無休
会場 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3(東京都港区赤坂9−7−6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
料金 入場無料
主催 アルテック(Vitra株式会社)
問い合わせ アルテック(Vitra株式会社)TEL.03-6868-7875(日祝日を除く 10:00-18:00)
「FIN/100」特設サイト https://www.fin100.jp

フィンランドが民主主義国家として独立して100周年を迎え、アニバーサリーイヤーである2017年、さらに独立記念日である12月6日(水)より、フィンランドブランドが一堂に会して独立100周年を祝うポップアップイベント「FIN/100(ふぃんひゃく)」が開催される。
メインビジュアルで使われているブルーは、フィンランドの国旗の色。タイトルには、同国がこれまで積み重ねてきた100年間という年月、1が集まって100となり、1が積み重なってフィンランドの100年を作ったという意が込められている。
20日間の会期中、100年分の歴史や文化、習慣など、大小さまざまなフィンランドの表情が要素分解され、知られざるフィンランドが紹介されるほか、同国を代表するブランドから新進のブランドまで、8ブランドが参加し、プロダクトを展示、販売する「SHOP」がオープン。関連ワークショップやトークイベントが開催されるほか、デザイン、インテリア、ファッション、アート、建築、自然科学、テクノロジー、経済、歴史、政治、音楽、食、文学、トラベル、アウトドア、コーヒー、デジタル、絵本、学校教育、育児、サンタクロースなど、フィンランドにまつわる大小さまざまな「100個の出来事」が会場で繰り広げられ、訪れる人々が、フィンランドの価値観や情報を交換し、相互に理解できるような「CONVERSATION」が生まれる、ニュートラルな場の創造を目指す。

参加クリエイター、ブランド(順不動・敬称略)
Company、Daniel Rybakken、Johanna Gullichsen、Laura Väinölä, MUSUTA、Riitta Ikonen、Sami Tallberg、Timo Wright、今村玲子、岩井謙介、岩間洋介、IMA、上原かなえ、カウニステ、川合将人、小西亜希子、島塚絵里、関本竜太、高橋正明、中林友紀、野村空人、萩原健太郎、深澤直人、福田利之、堀 綾子、皆川 明、無印良品、森 百合子、山口太郎、横尾香央留、la fleur、和田菜穂子ほか