住宅建材メーカー、ニチハの外壁材「オフセットサイディング」を更に進化させた製品「アドヴァンス」が、林野庁の取り組みである「木材利用ポイント事業」において、外装木質化工事の建築材料として認定された。7月16日~9月30日の間に着工する物件が対象で、10㎡で5000ポイントが付与される。「アドヴァンス」は、原料として使用している国産木材チップの使用割合を、材積比で50%以上に高めている。そのためCO2 固定量が増加し、環境への貢献度が上がった。木材利用ポイントを申請すると「アドヴァンス」で固定したCO2 の量を実感できる証明書と、木製フレームがもらえる。

資料請求はこちら



[ニチハ] tel 052-220-5125 http://www.nichiha.co.jp/mokuzai_points/mixed.html