タイトル en[縁]:アート・オブ・ネクサス
第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展
日時 2018年1月24日(水)~ 3月18日(日)11:00-18:00
休館日:月曜
会場 TOTOギャラリー・間(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)
料金 入場無料
電話番号 03-3402-1010
会場URL https://jp.toto.com/gallerma/

第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016年5月28日~11月27日)において、日本館で展示された「en[縁]:アート・オブ・ネクサス」は、1975年以降生まれの建築家12組に光をあて、困難な時代の中で建築に取り組む彼らの実践を、「人の縁」「モノの縁」「地域の縁」という3つのテーマで鮮やかに提示。日本国内のみならず世界中の人びとの共感を獲得し、「特別表彰」を受賞している。
TOTOギャラリー・間にて、帰国展として満を持してのお披露目となる本展では、ヴェネチアでの展示をベースに、映像や模型等のオリジナル要素を追加、再構成を行ない、ヴェネチアで話題となった精巧な建築模型などを通して、出展作家たちのみずみずしい感性から生み出される建築と、ビエンナーレ以降の彼らの取り組みについて紹介する(会場デザイン:teco/金野千恵、アリソン理恵、映像:ドローイングアンドマニュアル)。
2月16日には、ヴェネチアおよび本展で監修を務める山名善之氏や、建築家の槇文彦氏、出展作家らが登壇する記念シンポジウムが東京・田町の建築会館ホールで開催される(事前申込制[1月28日まで]、申し込み多数の場合は抽選)。また、会場で開催される出展作家によるギャラリートーク(事前申込制)での議論とあわせて、これからの時代に建築と建築家が果たす役割について展望する。

en[縁]:アート・オブ・ネクサス―第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館出展作家 ©永井杏奈



出展作家:
mnm/常山未央
西田司+中川エリカ/西田司、中川エリカ
成瀬・猪熊建築設計事務所/猪熊 純、成瀬友梨
仲建築設計スタジオ/仲俊治、宇野悠里
能作アーキテクツ/能作文徳、能作淳平
miCo./今村水紀、篠原 勲
レビ設計室/中川 純
増田信吾+大坪克亘/増田信吾、大坪克亘
403architecture [dajiba]/彌田 徹、辻 琢磨、橋本健史
青木弘司建築設計事務所/青木弘司
BUS/伊藤 暁、坂東幸輔、須磨一清
ドットアーキテクツ/家成俊勝、赤代武志、土井 亘