タイトル モダニストの日本美 石元泰博「桂」の系譜
日時 2018年1月4日(木)~3月4日(日)9:30~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜(ただし祝日休日にあたる場合は開館、翌日火曜日閉館)
会場 三重県立美術館(三重県津市大谷町11)
料金 一般 ¥900、学生 ¥700、高校生以下無料
電話番号 059-227-2100
会場URL http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

サンフランシスコに生まれ、シカゴのインスティテュート・オヴ・デザイン(通称、ニュー・バウハウス)に学んだ写真家の石元泰博(いしもと やすひろ、1921-2012)。石元は1953年から翌年にかけて、京都の桂離宮を撮影、1960年には、建築家ワルター・グロピウス、丹下健三との共著による写真集『KATSURA』を日米で出版し、内外の注目を集めた。同書は、モダニスト的な視点が日本の伝統美を捉えた代表的な作例として今日、評価されている。
日本の古典美と西洋モダニズムとの親和、類似を見る視点の系譜は、昭和初期まで辿ることができる。前衛画家の三岸好太郎は、モダニズムが究極にまで進んだなかに東洋的なものが現われるという認識を述べており、また、建築家のル・コルビュジエに代表されるモダニズム建築が日本に紹介された時には、日本の伝統建築との類似が指摘され、再評価されるきっかけとなった。1933年に建築家ブルーノ・タウトが来日した際には、桂離宮や伊勢神宮を賛美したという逸話が伝えられている。さらには、長谷川三郎やイサム・ノグチら造形作家も、近代的な精神から日本の古典美を再評価しつつ、自らの創作活動を行なった。
本展では、伝統的な日本美をモダニストが再評価した系譜を作品や資料によってたどりつつ、そのひとつの到達点として、石元が撮影した「桂」を位置づけ、シリーズの代表的な作例50点を紹介する。

石元泰博《桂離宮 新御殿外観南面部分》1981, 82年 国際交流基金蔵

© Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center




ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず【三重県立美術館 モダニストの日本美 石元泰博「桂」の系譜展 チケットプレゼント】と明記してください。
応募締切は2018年2月9日(金)。ご応募をお待ちしております。