タイトル 練馬区独立70周年記念展 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
日時 2018年2月22日(木)~4月15日(日)10:00〜18:00(入場は17:30まで) 休館日:月曜
会場 練馬区立美術館(東京都練馬区貫井1-36-16)
料金 一般 ¥800、高・大学生および65-74歳 ¥600 、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり) ※要年齢等確認証の提示
練馬区立石神井公園ふるさと文化館開催の練馬区独立70周年記念展 特別展「生誕90年記念 藤沢周平展」(2月10日~4月1日)との相互割引あり
電話番号 03-3577-1821
練馬区立美術館 https://www.neribun.or.jp/museum.html

フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)について、これまでにない規模で紹介する展覧会。在日フランス大使館およびアンスティチュ・フランセ日本の後援と、パリ市の特別協力により開催される。本展終了後、国内5つの美術館を巡回する。
サーカスや見世物のアートに魅せられ、確立したサヴィニャックのスタイルは、第二次世界大戦後、それまでのフランスにおけるポスターの伝統であった装飾的な様式を一新する。本展では、20世紀ポスター史を語るのに欠かせない、サヴィニャックのポスター作品を中心に、スケッチや原画、景観写真など約200点を展示。ポスター95点は日本初公開の作品を含み、短辺が3〜4メートルになる大判のものも。木村伊兵衛が1954年にパリで撮影した写真作品《ポスターのあるパリ風景》もあわせて展示されるなど、近代以降の印刷技術の革新により、大量に刷られ、街のあちらこちらに貼り出されて、都市を飾る重要なモニュメントとなっていったポスターの歴史的側面にも光をあてる。
20世紀フランスという時代と場所の空気を切り取ってきた写真を通して、今日「屋外広告」とよばれる広告芸術が、道行く人々の心を癒し、心躍らせ、時に批判され、街の中でどのような効果を発揮していったのか。ポスターというメディアを魔術師のように操ったサヴィニャックのポスター作品を通じて総覧する。

なお、本展タイトルの「練馬区独立70周年記念展」とは、昭和22(1947)年8月1日に板橋区から分離独立し、東京都23番目の特別区となった練馬区の区政70周年を指す(参考:練馬区役所ホームページ)。


ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず【練馬区立美術館 サヴィニャック展 チケットプレゼント】と明記してください。
応募締切は2018年3月9日(金)。ご応募をお待ちしております。