タイトル プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
日時 2018年2月24日(土)〜 5月27日(日)9:30-17:30(金、土曜日は20:00まで、*入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(3月26日[月]、4月30日[月]は開館)
会場 国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7−7)
料金 一般 ¥1,600、大学生 ¥1,200、高校生 ¥800、中学生以下は無料
電話番号 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会特設サイト http://prado2018.yomiuri.co.jp
国立西洋美術館ホームページ http://www.nmwa.go.jp/

大航海時代を制し、「太陽の沈まぬ国」と称されたスペイン。歴代の王は代々、美への情熱に溢れ、美の保護者(パトロン)として絶大な影響力を発揮した。なかでもフェリペ4世(1605-1665)は、40余年の治世で3,000点を優に超える数の絵画を収集したとされ、今日スペイン絵画の巨匠として知られるディエゴ・ベラスケス(1599-1660)を宮廷画家として召し抱え、当時のスペイン領ネーデルラント(フランドル地方)の画家であり外交官も務めたペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)も重用した。
本展は、ベラスケスの《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》を含む作品7点が出品されるほか、ベラスケスに大きな影響を与えたとされるルーベンスや、ルネッサンス時代のイタリアの画家ティツィアーノ・ヴェチェッリオの傑作、17世紀のフランドル地方やイタリア絵画など61点を含む約70点(うち9点は書籍などの資料)で構成される。プラド美術館はベラスケス作品の半数近くを所蔵しているが、まとまった数で海外に貸し出されることは稀であり、日本国内では過去最大の展示数となる。プラド美術館が誇るコレクションの数々を総覧することで、16-17世紀のスペイン王朝黄金期の栄華と、美の傑作が生まれた背景が浮かび上がる。
プラド美術館は主催者として名を連ね、後援はスペイン大使館。日本スペイン外交関係樹立150周年記念として開催され、6月13日(水)から10月14日(日)まで兵庫県立美術館に巡回する。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
本展の観覧券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「国立西洋美術館 プラド美術館展 観覧券プレゼント」と明記してください。
応募締切は3月26日(月)。ご応募をお待ちしております。