タイトル くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
日時 2018年3月3日(土)〜5月6日(日)10:00-18:00(金曜は20:00まで開館、入館は閉館30分前まで)
休館日:4月30日を除く月曜日
会場 東京ステーションギャラリー
(東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅丸の内駅舎内)
料金 一般 ¥1,100、高校・大学生 ¥900、中学生以下無料
※ 障がい者手帳等持参の方は ¥100引き(介添者1名は無料)
電話番号 03-3212-2485
東京ステーションギャラリー http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム ダンディ 2018 Photo: Ross Fraser McLean

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954-)。古今東西の思想に精通し、「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた約30年に及ぶプロジェクトを、集大成して展観する。
本展では特に、隈が仕事を通じて対話を重ねてきた素材に着目し、建築設計やプロダクトデザインなどの蓄積を、時系列ではなく主要なマテリアル(竹、木、紙、石、土など)ごとに分類・整理することで、“もの” という観点から概観を試みる。“もの” の開放によって、人の感覚や意識、そして環境を媒介する建築の可能性に迫る。
東京ステーションギャラリーにおける建築関連の展覧会は、「東京駅100年の記憶」展以来およそ3年ぶり、建築家の個展としては「前川國男建築展」以来じつに12年ぶりの開催となる。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
本展の観覧券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京ステーションギャラリー くまのもの展 観覧券プレゼント」と明記してください。
応募締切は3月26日(月)。ご応募をお待ちしております。