洋菓子の道具たち -型で味わうお菓子の歴史-【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年12月15日(土)〜 2019年1月27日(日)9:30-16:30(入場は16:00まで)
    休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始12月29日〜1月3日

チョコレートやクッキー、キャンディーにケーキなど、洋菓子をつくる職人、パティシエが使う菓子作りの道具にスポットをあてる企画展。 ヨーロッパの伝統的な菓子作りの道具には、種類に応じてさまざまなバリエーシ …

続きを読む


クワクボリョウタ展 みえるものすべて -all that you see-

国内外で活躍するメディアアーティスト、クワクボリョウタ(1971-)の個展。 クワクボは、筑波大学、同大学院、国際情報科学芸術アカデミーなどで現代美術を学んだ後、1998年にアーティストユニット明和電 …

続きを読む


木下直之全集 ―近くても遠い場所へ―

  • 開催日時:2018年12月7日(金)~2019年2月28日(木)10:00-18:00(最終日は 17:00 まで)
    休館日:日曜・祝日、12 月15 日(土)、12月28日(金)~1月6日(日)
    そのほか臨時休館については公式サイトをご確認ください

木下直之(1954-|東京大学大学院教授、静岡県立美術館館長)のこれまでの研究にスポットをあて、活動の軌跡を辿る企画展。 木下は、1980年に兵庫県立近代美術館学芸員として、研究者の道を歩き始めた。近 …

続きを読む


松江泰治 地名事典|gazetteer【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年12月8日(土)~2019年2月24日(日)10:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
    休館日:月曜(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月25日(火)、12月27日(木)〜2019年1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)

松江泰治(1963-)は、写真本来の平面性を追求し、独自の手法で世界中の土地を撮影してきた作家。写真集『Hysteric 松江泰治』で、2002年に第27回木村伊兵衛写真賞を受賞している。 松江が選ぶ …

続きを読む


民具 MINGU展

  • 開催日時:2018年12月14日(金)〜2019年1月14日(月・祝)10:00-19:00
    休館日:火曜(但し、12月25日は開館)、12月26日(水)~1月3日(木)

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2で開催中の企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art 展」に連動したプログラム。 主催:株式会社良品計画、21_ …

続きを読む


「New Printing ―色紙と多色印刷の可能性―」展

  • 開催日時:2018年12月3日(月)〜2019年1月15日(火) 10:00-19:00(12月7日は13:00まで、1月7日は17:00まで) 休廊日:土日曜・祝日、年末年始(12月29日〜1月6日)

印刷では表現できない深みのある色合いが魅力の色紙。本展では、これまで多色印刷にあまり使われてこなかった色紙を用いた写真表現に取り組み、複製物という前提を超えた印刷の価値と可能性を探る、写真・デザイン・ …

続きを読む


Jesus Rafael Soto「Pénétrable BBL Bleu」

  • 開催日時:2018年12月7日(金)〜2019年5月12日(日) 12:00-20:00
    休館日はルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる

フォンダシオン ルイ・ヴィトンによる「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの第6弾として、ベネズエラ出身のアーティスト、ヘスス・ラファエル・ソト(Jesus Rafael Soto|1 …

続きを読む


東京駅で建築講座 2

  • 開催日時:2019年1月25日(金)、26日(土)、27日(日)
    開催時間は下記参照

東京駅丸の内駅舎で活動する美術館として、建築に関わるさまざまな普及活動を行なっている東京ステーションギャラリー。その一環として開催される「東京駅で建築講座」は、休館中の展示室を活用して2018年にスタ …

続きを読む


吉村芳生 超絶技巧を超えて【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年11月23日(金・祝)〜2019年1月20日(日)
    10:00-18:00(金曜は20:00まで開館、入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(12月24日、1月14日は開館)、12月25日(火)、12月29日(土)〜1月1日(火・祝)

添付の写真は、新聞紙の上に鉛筆で人間の顔(作家の自画像)を描いたように見える。実は、紙面の文字も含めて一字一句全て、新聞紙そのものを鉛筆で描きあげた作品であり、吉村芳生(1950-2013)の代名詞と …

続きを読む


吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-

  • 開催日時:2018年12月7日(金)~2019年2月19日(木)10:00-17:00 休館日:水曜、12月29日〜1月4日、2月17日

吉田謙吉(1897-1982)は、舞台美術、装丁やタイポグラフィ、文筆業など、多彩なジャンルで活躍した作家。第二次世界大戦後の1949年、吉田が52歳のとき、現在の東京・麻布台に自ら設計して12坪の家 …

続きを読む


特集を探す

Twitter