153号で、「M hut」の設計者/伊藤嘉浩さん(I設計室)、工務店/宇田和人さん・宇田登志さん(宇田工務店)、木材供給/藤﨑昇さん(もりずむ)の座談会を行ったのは、三重県松阪市の「レストラン カルティベイト」でした。「カルティベイト」は「たがやす」という意味。土をたがやすとともに、食を、時をたがやすことを信条とした、山本祐也さん、陽子さんが営んでいます。もとは農機具小屋だったといい、リノベーションの設計を伊藤さんが手がけました。

右から反時計まわりに/もりずむの森﨑昇さん、I設計室の伊藤嘉浩さん、宇田工務店の宇田和人さん、宇田登志さん。

右から反時計まわりに/もりずむの森﨑昇さん、I設計室の伊藤嘉浩さん、宇田工務店の宇田和人さん、宇田登志さん。

一歩足を踏み入れると、波板を張った外観からは想像もできない、穏やかな空間が広がっていました。壁・天井に小幅のスギ板が張られた、トンネル状のエントランスから裏の畑まで一直線に土間が通り、それを中心に客席が振り分けられています。どちらも天井が高く、漆喰調の壁面、木の造作の数々……自然光を微細に反射した、マットな光で満たされていました。

エントランスから畑を見通す

エントランスから畑を見通す

2階には、ギャラリー「seedbed gallery」が併設されています。座談会の当日は、伊藤さんが主宰する「くらしとかたちのシューレ」の展覧会「くらしのかたち展 2+」が開催されていました。日々の暮らしをイメージできるように家具を配置して、伊勢木綿や萬古焼きなど、地元・三重の伝統工芸品を展示。ほっこりとした雰囲気に、思わず長く時間を過ごしてしまいそうでした。

座談会の後は、取材と撮影が押して昼食を食べそびれたため空腹を満たすべく、伊藤さんご夫妻とライターの谷口三千代さん、カメラマンの長谷川健太さんとカルティベイトで食事。まずはガラスのなかでゆるゆると葉を広げる、香り高い中国茶から。そして、揚げ出し豆腐の中華あんかけ、東坡肉(豚角煮)にはマッシュポテトを添えて、メインはトマトとシソを加えた爽やかな担々麺。中華ベースではあるけれど、少しずつオリジナリティを加えたお料理を堪能しました。

中国茶はガラスのコップで。

中国茶はガラスのコップで。


揚げ出し豆腐の中華あんかけ。

揚げ出し豆腐の中華あんかけ。


東坡肉のマッシュポテト添え。

東坡肉のマッシュポテト添え。


メインの担々麺。

メインの担々麺。

レストラン カルティベイト
http://www.cultivate.jp

I設計室
http://www4.cty-net.ne.jp/~i-sekkei/