CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展

  • 開催日時:2018年12月7日(金)〜16日(日)11:00-20:00 会期中無休

シチズン時計株式会社の創業100周年を記念した企画展示イベント。 同社の企業精神の本質である「光と時」をテーマに、時計の全ての部品を支える基盤装置である地板を使ったインスタレーションは、「&#8220 …

続きを読む


小野 規「COASTAL MOTIFS」

  • 開催日時:2018年11月21日(水)~12月21日(金)会期中無休、開館時間は会場URL参照

「COASTAL MOTIFS(コースタル モチーフス|2017-2018)」 は、フランスのパリとアルルを拠点に活動する写真家、小野規の新作となる写真シリーズである。 小野は2017年夏、フランス政 …

続きを読む


「トラフ展 インサイド・アウト」

  • 開催日時:2018年8月21日(火)~12月23日(日)10:00-17:00(入館時間は16:30まで) 休館日:月曜

建築からインテリア、家具まで幅広く手がけている建築家ユニット、トラフ建築設計事務所の個展。2016年10月から12月まで東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で開催された同タイトルの企画展が九州・福岡に …

続きを読む


田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Search & Research

  • 開催日時:2018年10月18日(木)~12月23日(日・祝)11:00-18:00 休館日:月曜・祝日 但し、11月3日(土)、12月23日(日)は開館

フランスを拠点に世界各地でプロジェクトを進め、現在幅広い注目を集める気鋭の建築家・田根 剛氏の個展が、都内2ヶ所(TOTOギャラリー・間、東京オペラシティアートギャラリー)で同時期に開催される。 「田 …

続きを読む


田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Building

  • 開催日時:2018年10月19日(金)~12月24日(月)11:00-19:00(金・土は20:00まで/最終入場は閉館30分前まで) 休館日 月曜(12月24日は開館)

フランスを拠点に世界各地でプロジェクトを進め、現在幅広い注目を集める気鋭の建築家・田根 剛氏の個展が、都内2ヶ所(東京オペラシティアートギャラリー、TOTOギャラリー・間)で同時期に開催される。 「田 …

続きを読む


紙工視点

  • 開催日時:2018年10月17日(水)〜12月24日(月・祝)10:00-18:00(金曜、土曜のみ20:00まで営業 ※美術館営業時間に準ずる)
    定休日:毎週火曜(祝日または休日にあたる場合は営業し、翌日休み)

紙工視点(シコウシテン)とは、「かみの工作所」などオリジナル製品を企画販売している福永紙工による新プロジェクト。人の「視点」そのものに注目し、紙にひそむ可能性を探るもの。 ディレクターに岡崎智弘氏を迎 …

続きを読む


工芸の教科書【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年11月2日(金)〜12月24日(日・振休)9:30-17:00(12月21日[金]は19:00まで。開館入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜日(12月24日は開館)

豊かな自然に恵まれ、陶芸や金工、木竹工や染織、漆芸、ガラス工芸など多彩な工芸を生み出してきた栃木県。近代以降の重要無形文化財保持者」(通称:人間国宝)に、陶芸では濱田庄司、田村耕一、島岡達三が、竹工芸 …

続きを読む


神々のやどる器 —中国青銅器の文様—【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年11月17日(土)〜12月24日(月・祝)10:00-17:00(最終入場時間 16:30) 休館日:月曜(※12月24日[月]は開館)

中華文明を代表する存在である中国青銅器。今から3,500年以上前に誕生し、世界史上にもまれに見る複雑な造形へと発達した殷周青銅器は、後の時代の中国のみならず、日本の伝統的な金属工芸品にも多大な影響を与 …

続きを読む


イサム・ノグチと岡本太郎―越境者たちの日本―【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年10月6日(土)〜2019年1月14日(月祝)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(10月8日、12月24日、1月14日を除く)、10月10日、12月25日、12月29~1月3日

イサム・ノグチ(1904-1988)と岡本太郎(1911-1996)、世界的に活躍した2人の芸術家に焦点をあてる、初めての企画展。 イサム・ノグチと岡本太郎が初めて出会ったのは、1950年、日本アヴァ …

続きを読む


世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

  • 開催日時:2018年11月10日(土)〜2019年1月14日(月・祝)10:00-16:30(入館は16:00まで)
    休館日:毎週水曜日(祝日の場合はその翌日) 、12月26日(水)~2019年1月6日(日)

インドの出版社タラブックス(Tara Books)は、インドの民俗画家による絵をシルクスクリーン技法で印刷し、ブックデザインにもこだわって、工芸品のように美しい書籍を世に送り出している。その2割が完全 …

続きを読む


真鍋大度 ∽ ライゾマティクスリサーチ
Daito Manabe ∽ Rhizomatiks Research

  • 開催日時:2018年11月16日(金)〜2019年1月14日(月・祝) 9:00-17:00(入園は16:30まで)
    休園日:月曜(ただし、祝日の場合は翌日休園)、12月31日〜1月2日

真鍋大度(まなべ だいと、1976-)は、コンピュータやプログラミング技術を駆使して、従来のものごとに新たな見方を提示する作品を生み出すアーティスト。2006年にライゾマティクス(Rhizomatik …

続きを読む


ものづくりシリーズ「愛でるボタン展 〜アイリスのボタンづくり〜」

  • 開催日時:2018年11月10日(土)~2019年1月14日(月・祝)
    開館時間 10:00-18:00(展示室への入場は17:30まで)
    休館日:月曜(但し、12月24日、1月14日は祝休日のため開館して翌日火曜休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)

太田に受け継がれてきた「ものづくり」の遺伝子を探求する、新たな企画展シリーズの第一弾。「ものづくり」のなかにある「創造性」の発掘を試みる。 本展では、ボタンづくりで日本一のシェアを誇る株式会社アイリス …

続きを読む


民具 MINGU展

  • 開催日時:2018年12月14日(金)〜2019年1月14日(月・祝)10:00-19:00
    休館日:火曜(但し、12月25日は開館)、12月26日(水)~1月3日(木)

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2で開催中の企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art 展」に連動したプログラム。 主催:株式会社良品計画、21_ …

続きを読む


「New Printing ―色紙と多色印刷の可能性―」展

  • 開催日時:2018年12月3日(月)〜2019年1月15日(火) 10:00-19:00(12月7日は13:00まで、1月7日は17:00まで) 休廊日:土日曜・祝日、年末年始(12月29日〜1月6日)

印刷では表現できない深みのある色合いが魅力の色紙。本展では、これまで多色印刷にあまり使われてこなかった色紙を用いた写真表現に取り組み、複製物という前提を超えた印刷の価値と可能性を探る、写真・デザイン・ …

続きを読む


ルーベンス展ーバロックの誕生【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)9:30-17:30(金・土曜は20:00まで開館/但し、11月17日を除く)※入館は各日とも閉館30分前まで
    休館日:月曜(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)~2019年1月1日(火)、1月15日(火)

ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)は、壮麗華美なバロック様式が栄えた、17世紀ヨーロッパを代表する画家。大工房を構えて大勢の弟子を抱え、作品を量産するという時代に先駆けた制作工程をとり …

続きを読む


吉村芳生 超絶技巧を超えて【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年11月23日(金・祝)〜2019年1月20日(日)
    10:00-18:00(金曜は20:00まで開館、入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(12月24日、1月14日は開館)、12月25日(火)、12月29日(土)〜1月1日(火・祝)

添付の写真は、新聞紙の上に鉛筆で人間の顔(作家の自画像)を描いたように見える。実は、紙面の文字も含めて一字一句全て、新聞紙そのものを鉛筆で描きあげた作品であり、吉村芳生(1950-2013)の代名詞と …

続きを読む


クワクボリョウタ展 みえるものすべて -all that you see-

国内外で活躍するメディアアーティスト、クワクボリョウタ(1971-)の個展。 クワクボは、筑波大学、同大学院、国際情報科学芸術アカデミーなどで現代美術を学んだ後、1998年にアーティストユニット明和電 …

続きを読む


民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

  • 開催日時:2018年11月2日(金)〜2019年2月24日(日) 10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
    休館日:火曜(12月25日は開館)、年末年始(12月26日〜1月3日)

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳 宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけた。民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは、世代を超えて …

続きを読む


建築 × 写真 ここのみに在る光

  • 開催日時:2018年11月10日(土)~2019年1月27日(日)
    10:00-18:00(木・金曜は20:00まで)※入館は閉館時間の30分前まで
    休館日:毎週月曜(但し、12月24日[月・振休]および1月14日[月・祝]は開館、12月25日[火]と1月15日[火]は休館)、 12月29日(土)-2019年1月1日(火・祝)

建築と写真の関係は、写真の黎明期の時代から密接にかかわっている。現存する最も古い写真は、1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角である。初期の写 …

続きを読む


洋菓子の道具たち -型で味わうお菓子の歴史-【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年12月15日(土)〜 2019年1月27日(日)9:30-16:30(入場は16:00まで)
    休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始12月29日〜1月3日

チョコレートやクッキー、キャンディーにケーキなど、洋菓子をつくる職人、パティシエが使う菓子作りの道具にスポットをあてる企画展。 ヨーロッパの伝統的な菓子作りの道具には、種類に応じてさまざまなバリエーシ …

続きを読む


終わりのむこうへ : 廃墟の美術史【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年12月8日(土)〜2019年1月31日(木) 10:00~18:00(金曜のみ20:00まで)
    休館日: 12月10日(月)、17日(月)、25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)、1月7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)
    ※会期中一部展示替えあり

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていた。18世紀から19世紀にかけて、興味深いことにいわゆる廃墟趣味が流行すると、 …

続きを読む


吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵

  • 開催日時:2018年11月28日(水)~2019年2月11日(月・祝)9:30-18:00
    休館日:12月29日(土)〜31日(月)、1月21日(月)、28日(月)、2月4日(月)

デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な着想と実験的な創作活動を行なっている、佐賀県出身の作家、吉岡徳仁(1967-)の個展。 「ガラスの茶室 – 光庵」は、2011年第54回 …

続きを読む


吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-

  • 開催日時:2018年12月7日(金)~2019年2月19日(木)10:00-17:00 休館日:水曜、12月29日〜1月4日、2月17日

吉田謙吉(1897-1982)は、舞台美術、装丁やタイポグラフィ、文筆業など、多彩なジャンルで活躍した作家。第二次世界大戦後の1949年、吉田が52歳のとき、現在の東京・麻布台に自ら設計して12坪の家 …

続きを読む


富士屋ホテルの営繕さん -建築の守り人-

  • 開催日時:2018年12月6日(木)〜2019年2月23日(土)10:00-18:00
    休館日:水曜、年末年始(12月28日〜1月4日)

明治11年(1878)に日本初の本格的リゾートホテルとして箱根に開業した富士屋ホテル。歴代社長のアイデアに基づいた和洋混交の独特な建築群で構成され、平成9年(1997)には本館が登録有形文化財に指定さ …

続きを読む


松江泰治 地名事典|gazetteer【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年12月8日(土)~2019年2月24日(日)10:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
    休館日:月曜(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月25日(火)、12月27日(木)〜2019年1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)

松江泰治(1963-)は、写真本来の平面性を追求し、独自の手法で世界中の土地を撮影してきた作家。写真集『Hysteric 松江泰治』で、2002年に第27回木村伊兵衛写真賞を受賞している。 松江が選ぶ …

続きを読む


木下直之全集 ―近くても遠い場所へ―

  • 開催日時:2018年12月7日(金)~2019年2月28日(木)10:00-18:00(最終日は 17:00 まで)
    休館日:日曜・祝日、12 月15 日(土)、12月28日(金)~1月6日(日)
    そのほか臨時休館については公式サイトをご確認ください

木下直之(1954-|東京大学大学院教授、静岡県立美術館館長)のこれまでの研究にスポットをあて、活動の軌跡を辿る企画展。 木下は、1980年に兵庫県立近代美術館学芸員として、研究者の道を歩き始めた。近 …

続きを読む


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
    9:00-17:00(金曜、土曜は20:00まで、入場は各日閉館時刻の30分前まで)
    休館日:毎週月曜、12月28日(金)~2019年1月1日(火・祝)、1月15日(火)、2月12日(火) ※但し、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)、2月11日(月・祝)、2月25日(月)は開館

明治から平成に至るまでの、日本を変えた科学技術に焦点を絞り、その歩みを振り返る特別展。日本各地の大学・研究機関や企業から600点を超える資料が集められ、一堂に会する。なかでも、日本で初めて音を記録し再 …

続きを読む


「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」展

  • 開催日時:1st:2018年10月19日(金)~12月26日(水)
    2nd:2019年1月16日(水)~3月17日(日)
    12月27日〜1月15日は、年末年始休業と展示替えを含む休廊期間
    平日 11:00-19:00、日・祝日 11:00-18:00 休廊日:月曜、 12月27日(木)〜1月15日( 火)

資生堂の初代社長である福原信三(1883-1948年)は、資生堂の化粧品づくりやデザインの基礎を築いた経営者であり、近代日本の先駆的な写真芸術家でもあった。銀座に今日まで続く資生堂パーラー、資生堂ギャ …

続きを読む


美しいぼろ布展~都築響一が見たBORO~

  • 開催日時:2018年3月30日(金)~ 2019年3月31日(日)
    10:00-18:00(最終入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)

「もったいない」と「ライブ感」をコンセプトに掲げ、日本の布文化と浮世絵を斬新な展示で紹介することを目的に、2009年11月に浅草に開館した複合アート・ミュージアムの企画展。布文化と浮世絵の美術館の常設 …

続きを読む


和製マジョリカタイル―憧れの連鎖

  • 開催日時:2018年11月3日(土)〜2019年4月9日(火)10:00-17:00(入館は16:30まで)

大正初めから昭和10年代に日本で生産された「和製マジョリカタイル」が、INAXライブミュージアムで展示される。 和製マジョリカタイルは、1800年代半ばにイギリスで売り出された「ヴィクトリアンタイル」 …

続きを読む


Jesus Rafael Soto「Pénétrable BBL Bleu」

  • 開催日時:2018年12月7日(金)〜2019年5月12日(日) 12:00-20:00
    休館日はルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる

フォンダシオン ルイ・ヴィトンによる「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの第6弾として、ベネズエラ出身のアーティスト、ヘスス・ラファエル・ソト(Jesus Rafael Soto|1 …

続きを読む


特集を探す

Twitter