海を渡ったニッポンの家具 -豪華絢爛仰天手仕事-

  • 開催日時:2018年6月8日(金)~8月21日(火)10:00-17:00 休館日:水曜、8月13日(月)〜16日(木)

1873年のウィーン万博で注目され、一躍人気の的となった日本の工芸品。その一方で、武家大名という巨大なパトロンを失った国内各地の職人は窮乏し、技法の伝承も危機的状況にあった。明治政府の後押しを受け、海 …

続きを読む


ますむらひろしの北斎展 ATAGOAL×HOKUSAI

  • 開催日時:2018年6月26日(火)~8月26日(日)
    前後期で展示替えあり 前期:6月26日(火)~7月29日(日)/後期:7月31日(火)~8月26日(日)
    9:30-17:30(入館は17:00まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)

ますむらひろし(1952-)は、宮沢賢治の童話作品の漫画化やアニメーション『銀河鉄道の夜』(杉井ギサブロー監督)の漫画原作者としてその名を知られている。とりわけ、漫画「アタゴオル」シリーズはこれまで4 …

続きを読む


ウェザーリポート
風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア

  • 開催日時:2018年6月30日(土)〜8月26日(日)9:30-17:00(入館は閉館30分前まで) 休館日:月曜(7月16日は開館)、7月17日(火)

山や森、渓谷や河川、田園などを、気象現象とともにキャンバスの上に視覚化する絵画表現ーー風景画。欧州で19世紀に興ったバルビゾン派や、中国の水墨画、日本の浮世絵など、洋の東西を問わず題材に選ばれてきた。 …

続きを読む


「亜空間として形成する伊勢型紙 江戸小紋の世界」長坂常(建築家)×廣瀬雄一(江戸小紋職人)

  • 開催日時:2018年7月17日(火)〜8月26日(日)11:00-20:00、会期中無休

19世紀後半における欧米社会、とりわけ美術に多大な影響を与えたジャポニスム。そのうち、日本の伊勢型紙が、アール・ヌーボーやリバティ・プリントなどに影響を与えたことは、あまり知られていない。本展は、職人 …

続きを読む


特別展「縄文-1万年の美の鼓動」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年7月3日(火)~9月2日(日)9:30-17:00(入館は閉館30分前まで。但し、金曜・土曜は21:00まで開館。日曜および7月16日[月・祝]は18:00まで開館)
    休館日:月曜(但し、7月16日[月・祝]、8月13日[月]は開館)、7月17日(火)

日本における縄文時代は、それまでの氷期から今日のような温暖な気候へと変わるのと前後して始まった。以来、1万年もの間、日本列島のほぼ全域にわたって展開する。狩猟や漁撈、採集を生業とした縄文文化は、世界最 …

続きを読む


野口哲哉展「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

  • 開催日時:2018年7月13日(金)〜9月2日(日)11:00-20:00(入場は19:30まで)会期中無休

表情豊かな鎧姿の人物を制作し、国内外でも人気の若手作家、野口哲哉(1980-)の展覧会。 野口は、樹脂やプラスチックなどの素材を用いて、古びた姿の鎧武者を造形し、独特の世界観を構築する美術家。そこに展 …

続きを読む


金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

  • 開催日時:2018年7月7日(土)~ 9月2日(日)9:30-17:00 ※但し、8月4日(土)-19日(日)は18:00 まで開館(入場は各日とも閉館30分前まで)休館日:月曜

透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く若手現代美術家・深堀隆介の、公立美術館で初めての本格的な個展。 深堀隆介は1973年愛知県名古屋市生まれ、金魚の持つ神秘性に魅了され、創作を続けている作家。その技法は …

続きを読む


開園60周年記念 依水園主人 關 藤次郎の軌跡

  • 開催日時:2018年4月1日(日)~9月9日(日)9:30-16:30 ※4月1日〜6月1日は9:30-17:00(入園受付は各日とも閉園30分前まで)
    休園日(庭園・美術館):火曜(但し、4〜5月は無休)

奈良公園と東大寺に隣接する名勝「依水園」の一般公開開始60年を記念する展覧会。現在の依水園を作り上げた關 藤次郎(せき とうじろう / 1864-1931)の功績を紹介する、初めての回顧展。 關 藤次 …

続きを読む


没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年7月7日(土)~9月16日(日) 10:00-18:00(入場は閉館30分前まで)
    休館日:水曜、8月13日(月)〜15日(水)

大正から昭和にかけて、京都を拠点に活動した陶工・河井寬次郎(1890-1966)。実用を重んじた力強い作品を数多く生み出し、陶芸家の濱田庄司(1894-1978)、柳宗悦(1889-1961)らととも …

続きを読む


建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

  • 開催日時:2018年4月25日(水)~ 9月17日(月)10:00~22:00(最終入館 21:30) ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
    会期中無休

日本の建築を読み解く鍵と考えられる、9つの特質:「可能性としての木造」「超越する美学」「安らかなる屋根」「建築としての工芸」「連なる空間」「開かれた折衷」「発見された日本」「集まって生きる形」「共生す …

続きを読む


ゴードン・マッタ=クラーク展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年6月19日(火)〜9月17日(月・祝)10:00-17:00(金・土曜は21:00まで)入館は閉館30分前まで

1970年代のニューヨークを中心に活躍した、ゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)の回顧展。マッタ=クラークの作品は、個人や欧米の著名美術館が所蔵しているため、これまでまとまったかたちで紹介され …

続きを読む


ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年6月30日(土)〜 9月17日(月・祝)10:00-18:00(入館は閉館30分前の17:30まで)*サマーナイトミュージアム(夜間開館)期間の7月20日〜8月31日までの毎週金曜は21:00まで開館、入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:第2・4水曜(7月11日、25日、8月8日、22日、9月12日)

南米大陸、ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人びと。彼らの作る一木造りの椅子は、動物のフォルムや機能的なフォルムに独特な幾何学模様が施されており、ユニークな造形作品となっている。 …

続きを読む


夏のオープンラボ:新しい骨董

  • 開催日時:2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝)10:00-17:00 休館日:月曜(但し、7月16日、8月6日、9月17日は開館)、7月17日(火)、8月7日(火)

「新しい骨董」は、山下陽光、下道基行、影山裕樹の3名による、実験的な活動を行なっているグループの名称。街中や、インターネット上に溢れる「“新しい骨董”とでもいうべき何か」の探索や実践を通して、新しい価 …

続きを読む


イサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ-

  • 開催日時:2018年7月14日(土)〜 9月24日(月)11:00 -19:00(金・土は11:00-20:00、入場は各日とも閉館30分前まで)休館日:月曜(祝日の場合は翌日火曜)、8月5日(日・全館休館日)

20世紀を代表する彫刻家の一人であるイサム・ノグチ(1904-1988)。日本の詩人であり英文学者の野口米次郎を父に、アメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持ち、世界文化を横断しながら生きた。舞台美 …

続きを読む


特別展 敷瓦の世界「タイル」の前の物語

  • 開催日時:2018年6月23日(土)〜9月24日(月・祝)9:00-17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜(休日の場合は翌平日)

日本のタイルの前身ともいわれる敷瓦(しきがわら)。大陸からの影響を強く受けた仏教建築の床材に使われ、施釉されたものは瀬戸を中心に生産されていった。その一方で、敷瓦には茶道具の一種として愛でられる側面も …

続きを読む


“クリエイションの未来展 第16回 隈研吾監修 KUMA LAB: Weaving 東京大学建築学専攻隈研吾研究室の活動”

  • 開催日時:2018年7月5日(木)~9月25日(火)10:00~18:00 休館日:水曜、8月11日(土・祝)~15日(水)、8月26日(日)

「KUMA LAB」=東京大学建築学専攻隈研吾研究室の活動を、「Weaving (編む)」をキーワードに紹介する企画展。 2009年に始動した同研究室には、世界中から学生が集い、建築家・隈研吾氏の建築 …

続きを読む


いわさきちひろ生誕100年「Life展」子どものへや トラフ建築設計事務所【プレゼント有り】

  • 開催日時:2018年7月21日(土)〜9月25日(火)9:00-17:00(8月11日から19日までは18:00)
    休館日:第2水曜日、第4水曜日(8月は無休につき、8日と22日は開館)

いわさきちひろ(1918-1974)の生誕100年を記念する展覧会が、東京と長野のちひろ美術館にて、2018年3月から約1年にわたって開催される。いわさきちひろが見つめた「Life」をテーマに、美術、 …

続きを読む


Waldmärchen(森の伝説)フロリアン クラール

  • 開催日時:2018年7月14日(土)~10月8日(月・祝)9:00-17:00(入館は16:30まで)休館日:月曜(7月16日、9月17日、9月24日、10月8日は除く)、7月17日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)

音楽や映画、科学、建築に基づいた作品を制作するドイツ出身の現代美術作家、フロリアン クラール( Florian CLAAR/1968-)の個展。会場となる下山芸術の森発電所美術館は、大正15年にレンガ …

続きを読む


内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年7月28日(土)~ 10月8日(月)
    開館時間:7月28日~8月31日/9:30-18:00、9月1日~10月8日/9:30-17:00(入場は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、9月17日[月]、9月24日[月・祝]は開館、9月18日[火]、9月25日[火]は休館)

現代美術家・内藤礼による、過去最大級の大規模展。国内における個展開催は、2014年以来4年ぶり。 内藤は1961年広島県生まれ、「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに、光、空気、 …

続きを読む


没後50年 藤田嗣治展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
    開室時間 9:30-17:30、金曜日は9:30-20:00(各日とも入室は閉室の30分前まで) ※但し、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)は 9:30-21:00
    休室日:月曜、9月18日(火)、25日(火)※但し、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)。エコール・ド・パリの寵児の …

続きを読む


「バウハウスへの応答」展

  • 開催日時:2018年8月4日(土)~ 10月8日(月・祝)
    開館時間:9:30-17:00 (但し、毎週金・土曜日は21:00まで開館、入館は各閉館の30分前まで)
    休館日:月曜(但し、9月17日[月]、24日[月]、10月8日[月・祝]は開館、9月18日[火]、25日[火]は閉館)

1919年にドイツのヴァイマールで開校した、総合的造形芸術教育機関バウハウス。当時のナチス政権によって2度の移転を余儀なくされ、1933年にベルリンで閉校するまで、活動期間は10年ほどながら、後世のデ …

続きを読む


十和田市現代美術館開館10周年記念展
「スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年6月2日(土)〜10月14日(日)9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
    休館日:月曜(月曜が祝日の場合はその翌日が休館。但し、8月6日[月]、13日[月]は開館)

韓国出身でアジアを代表する美術家のひとり、スゥ・ドーホー(Do Ho Suh、1962-)の個展が十和田市現代美術館で開催される。同館の開館10周年を記念する企画展。 スゥの作品は、2008年の十和田 …

続きを読む


AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

  • 開催日時:2018年6月29日(金)〜10月14日(日)10:00-19:00(入場は18:30まで) 休館日:火曜

本展のタイトルおよび展示構成は、展覧会ディレクターを務める中村勇吾氏が、Cornelius(コーネリアス)のニューアルバムについてショーン・オノ・レノンが語ったエッセイの一節「He paints a …

続きを読む


企画展「デザインあ展 in TOKYO」【プレゼント有り】

  • 開催日時:2018年7月19日(木)〜10月18日(木)10:00-17:00(但し、土曜、祝前日[9月16日、9月23日、10月7日]、8月10日~18日は20:00まで、常設展は17:00に終了、入場は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:9月4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)、10月2日(火)、9日(火)、16日(火)

身のまわりに意識を向け(みる)、どのような問題があるかを探り出し(考える)、よりよい状況をうみだす(つくる)という一連の思考力と感性を「デザインマインド」ととらえ、多彩な映像表現をもちいて伝えてきた、 …

続きを読む


本と美術の展覧会vol.2「ことばをながめる、ことばとあるく 詩と歌のある風景」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年8月7日(火)~10月21日(日)
    開館時間 10:00-18:00(展示室への入場は17:30まで)
    休館日:月曜(但し、9月17日、24日、10月8日は祝休日のため開館、翌日火曜休館)

美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が、「本」と「美術」の架橋をテーマに連続開催する企画展の第二弾。第一弾は、昨年8月4日から10月22日にかけて、本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉の …

続きを読む


須田悦弘 ミテクレマチス

  • 開催日時:2018年4月22日(日)〜10月30日(火)

本展の会場となるヴァンジ彫刻庭園美術館は、現代イタリアを代表する具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジ(1931-)の作品を収蔵する世界唯一の個人美術館として、2002年4月に開館した施設。伊豆の山並みと駿 …

続きを読む


増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-“

  • 開催日時:2018年7月22日(日)~12月2日(日)9:00-17:00(入館は16:30まで) 年中無休(但し、展示替のための臨時休館あり)

ポーラ美術館のコレクション企画展。色とりどりの素材で独自の世界観を織りなす作品を制作し続けている増田セバスチャンが、同館が収蔵するクロード・モネの《睡蓮の池》にインスピレーションを受けた大型インスタレ …

続きを読む


「トラフ展 インサイド・アウト」

  • 開催日時:2018年8月21日(火)~12月23日(日)10:00-17:00(入館時間は16:30まで) 休館日:月曜

建築からインテリア、家具まで幅広く手がけている建築家ユニット、トラフ建築設計事務所の個展。2016年10月から12月まで東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で開催された同タイトルの企画展が九州・福岡に …

続きを読む


美しいぼろ布展~都築響一が見たBORO~

  • 開催日時:2018年3月30日(金)~ 2019年3月31日(日)
    10:00-18:00(最終入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)

「もったいない」と「ライブ感」をコンセプトに掲げ、日本の布文化と浮世絵を斬新な展示で紹介することを目的に、2009年11月に浅草に開館した複合アート・ミュージアムの企画展。布文化と浮世絵の美術館の常設 …

続きを読む