SUSTAINABLE MATERIALS for Circular Economy

Material ConneXion Tokyoは、サーキュラーエコノミーを実現する様々な素材や取り組みを紹介するSustainable Materials 2020 for Circular Economy展を10月1日から開催。会期中にオンラインで出展企業と直接ディスカッションすることができるオンラインプレゼンテーションも全11プログラムが実施される。
持続可能な社会の実現と経済成長の両立という課題を解決するための指針である新しい経済システムが、サーキュラーエコノミー。今回の展示では、リサイクル効率の高いアルミ素材、石油由来に頼らない植物由来のバイオプラスチックや自然環境に戻る生分解性プラスチック、持続可能なエネルギー社会の実現にむけて期待される薄型シートリチウム電池などが展示され、他社との協業のきっかけや、業界を超えた仕組みづくりのヒントを得ていただける機会となることを目指している。

会期:2020年10月1日(木)~12月25日(金)
開館:11:00-17:00 (休館日:土・日・祝)
会場:Material ConneXion Tokyo
入場:無料
主催:Material ConneXion Tokyo

出展企業オンラインプレゼンテーション等詳細はこちらから。

【出展企業/素材】
倉敷紡績株式会社
フィルム形状で、薄く、フレキシブルなリチウムイオン2次電池

トヨタ紡織株式会社
植物由来材料利用によるCO2排出量削減を実現した3D成型可能なケナフボード

NISSHA株式会社
天然素材を使用したリサイクル性が高く、堆肥化・生分解可能なパルプ・モールド・プロセス

三菱ケミカル株式会社
高機能から生分解まで幅広い用途に向けたバイオプラスチック

株式会社UACJ
バージン素材の3%のエネルギーで再利用可能なリサイクル効率の高いアルミニウム

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top