タイトル VR作品「風神雷神図のウラ -夏秋草図に秘めた想い-」上演
日時 2019年1月2日(水)~3月24日(日)
上演時間
水・木・金 12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
土・日・祝・休日 11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
*所要時間約35分、各回定員90名
*2019年1月2日(水)、3日(木)は11:00回から上演
会場 東京国立博物館東洋館地下1階 TNM & TOPPAN ミュージアムシアター(東京都台東区上野公園13-9)
料金 高校生以上 500円、中学生・小学生 300円、未就学児、障がい者とその介護者各1名無料
*総合文化展当日券(一般620円/大学生410円)とセット購入で一般1000円/大学生800円
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.tnm.jp
TNM & TOPPAN ミュージアムシアター公式サイト http://www.toppan-vr.jp/mt/

上演会場となるTNM & TOPPAN ミュージアムシアターは、VR(バーチャルリアリティ)技術を駆使した、新しい美術鑑賞を体験できるシアター形式の施設。ナビゲーターによるライブ上演とともに、超高精細デジタル撮影による4K映像が前方スクリーンに投影され、公開日数や照度など展示制約の多い文化財の姿が、高い精度で再現される。目視では不可能な超拡大のほか、光の変化に応じた見え方の差異や制作当時の姿を再現することもできる(表現内容はプログラムごとに異なる)。

今回スポットをあてるのは、尾形光琳(1658-1716)が描いた《風神雷神図屛風》と、その”裏面”に後の時代になって描き込まれた別の作品、酒井抱一(1761-1829)の《夏秋草図屛風》について。共に東京国立博物館所蔵の重要文化財であるこの2つの屏風絵が、かつて表裏一体のひとつの作品だったことは、現在ではあまり知られていない。作品保護の観点から1974年に別々の屏風に仕立て直されている、光琳の《風神雷神図屛風》と、抱一の《夏秋草図屛風》の往時の姿を、VR技術で再現する。
作者の生まれ年の差は約100年、活躍の場も京都と江戸と異なる両者だが、抱一は光琳を師と仰ぎ、憧れを抱き続けた。光琳の《風神雷神図屛風》の裏に絵を描く依頼が舞い込んだのは、抱一が61歳の頃。抱一はどのような想いで絵筆を握り、晩年の最高傑作と称される作品を描く境地に至ったのか? 2つの屏風を”表と裏”から透かして見ることで、2作品の構図の関係性を読み解き、抱一がこの屏風絵に託したであろう想いを探る。今回の上演は、2018年1月に上演されたプログラムの再演。

お正月にミュージアムシアターでオリジナルグッズをプレゼント
2019年1月2日(水)、3(木)の鑑賞者には、2つの屏風を表裏にデザインしたミュージアムシアターオリジナルお年玉袋と、シアター鑑賞引換券2枚のプレゼントあり。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。