タイトル パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在
日時 2019年1月4日(金)〜3月24日(日) 9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(但し、1月14日、2月11日は開館)、1月15日(火)、2月12日(火)
会場 三重県立美術館(三重県津市大谷町11番地)
料金 一般 800円、学生 600円、高校生以下 無料
・この料金で常設展示室、柳原義達記念館もご覧いただけます
・学生の方は生徒手帳、学生証等をご提示ください
・障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
・県内学校(小・中・高・特別支援)等が来館する場合、引率者も観覧無料(要申請)
・毎月第3日曜の「家庭の日」は団体割引料金となります
電話番号 059-227-2100
会場URL http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

近年、SNSの普及やテクノロジーの進展によって、私たちの視覚体験は空間的・時間的な制限を超越し、日常で目にする風景の質も大きく変化している。その変化は、新しい認識をもたらす一方で、固有の文化・風土に根差した風景への感受性を均質化し、地域の景観や共同体の破壊にもつながりかねない危険性をはらんでいる。そのような時代において、私たちが今、眼の前にある生の“風景”と切実かつ親密によりそうためには、どのような想像力のはたらきが有効となるのだろうか? この問いに向き合うための機会として、本展では美術館の5つの空間を舞台に、5名のアーティストがそれぞれの”風景”=パラランドスケープを創出する。
注.展覧会タイトルの「Para-」とは、「~を越えて」あるいは「~とともに」「~にそって」を意味する接頭辞。



出品作家:伊藤千帆 / 稲垣美侑 / 尾野訓大 / 徳重道朗 / 藤原康博

関連イベント
アーティスト・トーク
(1) 2019年1月6日 14:00-(終了しています)
伊藤千帆 / 稲垣美侑 / 尾野訓大

(2) 2019年2月10日 14:00-
徳重道朗 / 藤原康博
※要観覧券、申込不要、参加希望者は当日展示室入口に集合

藤原康博《あいだの山》2014年   ©Yasuhiro Fujiwara Courtesy of Mori Yu Gallery

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「三重県立美術館 パラランドランドスケープ展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年2月4日(月)。

ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter