タイトル ~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形
日時 2019年1月29日(火)〜3月24日(日)10:00-16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜(但し、2月11日は開館)、2月12日(火)
会場 静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
料金 一般 1,000円、大高生 700円(20名以上団体割引)、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.seikado.or.jp

三菱第四代社長の岩﨑小彌太(1879-1945)が、夫人孝子のために特別に誂えさせた雛人形を紹介する展覧会。
丸く愛らしい顔立ちに品格が漂う、幼児の姿をした内裏雛をはじめ、子供仕立てに作られたお雛さまは、京人形司の老舗・丸平大木人形店の五世・大木平藏の手によるもの。昭和初期に制作され、豪華な装束の織りや染め、刺繡、金工など、精緻を尽くした工芸美が随所に見られるこの雛人形は、戦後ひとたび散逸したが、京都福知山市の人形愛好家である桐村喜世美氏により収集され、段飾りの雛人形15体すべてと道具類の多くが揃った状態で、岩﨑家ゆかりの静嘉堂にこのほど寄贈された。

本展は、桐村家で長く愛玩・公開されてきた「岩﨑家雛人形」に加え、御所人形や犬筥など、人形の優品が静嘉堂に寄贈されたことを記念して開催される。小彌太の還暦祝いに孝子夫人から贈られた、子供たちが七福神とともに寿ぐ58体からなる「木彫彩色御所人形」の一大群像(五世・大木平藏作)や、江戸期の貴重な雛人形も展示される。
会期中、茶会や講演会などの関連イベントもあわせて開催される(日時など詳細はホームぺーじ参照)。

「享保雛」江戸時代後期 男雛:高33.5cm 女雛:高28.8cm



特集を探す

Twitter