タイトル クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime
日時 2019年2月9日(土)〜5月6日(月・休) 10時─17時 ※金曜・土曜は20時まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜、2月12日(火)※但し、2月11日(月・祝)、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館
会場 国立国際美術館(大阪府大阪市北区中之島4丁目2-55)
料金 一般 900円、大学生 500円 高校生以下・18歳未満無料(要証明)
※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
※本料金で、同時開催の「コレクション3」も観覧可
夜間割引料金(対象時間:金・土曜の17:00-20:00)一般 700円、大学生 400円
2月24日(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入場無料
電話番号 06-6447-4680
会場URL http://www.nmao.go.jp/

現代のフランスを代表するアーティストのひとり、クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)を紹介する大規模展。
ボルタンスキーは1944年パリ生まれ。写真や身分証明書といった記録資料と衣服や文房具といった日用品を組み合わせることで、自己あるいは他者の記憶に関連する作品で注目を集める。1980年代に明かりを用いたインスタレーションを手掛けるようになり、子どもの肖像写真と電球を祭壇のように組み合わせた「モニュメント」シリーズ(1985年-)や、大量の衣服を集積させた《ペルソンヌ》(2010年)など、現在まで一貫して、歴史や記憶、死や不在をテーマとした作品を発表している。
国立国際美術館(大阪)、国立新美術館(東京)、長崎県美術館(長崎)の3館が共同で企画する本展は、ボルタンスキーの初期作品から最新作までを紹介する、国内では初めての大規模な回顧展。日本初公開作品も多数出展され、1960年代後半から近年までのボルタンスキーのさまざまな試みを振り返る。ボルタンスキーが展覧会の企画段階から携わり、自身が「展覧会をひとつの作品として見せる」と語るように、作家自身が会場に合わせたインスタレーションを手掛けるという構想のもとに企画されている。半世紀を超える作家活動を経て、いまなお、積極的に創造を続けるボルタンスキーの広大なる芸術世界を総覧する。
関連イベントも多数企画され、会期初日にボルタンスキーが登壇するアーティスト・トークをはじめ、ギャラリー・トークや講演会も開催される(詳細はホームページ参照)。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「国立国際美術館 クリスチャン・ボルタンスキー展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月18日(月)。
ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。