タイトル SOMAー日本の森と素木の家具−
日時 2019年2月9日(土)〜 3月17日(日)9:30-16:30(入場は16:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
会場 竹中大工道具館 1Fホール(兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1)
料金 一般 500円、大高生 300円、中学生以下無料(常設展観覧料含む)
電話番号 078-242-0216
会場URL https://dougukan.jp
詳細 https://www.dougukan.jp/special_exhibition/soma

岐阜県美濃加茂市にアトリエを構える木工家、川合優が率いるライフスタイルブランド「SOMA」の活動を紹介する展覧会。
川合は木工家として日々、森や木と対峙するなかで、日本古来の木の文化とその奥深さを体感すると同時に、国内の木材利用の状況などにも目を向けるようになったという。現在の日本では、戦後間もない頃に将来を見越して植林されたはずの木々が有効に使われず、余ってしまった結果、山林を中心とした生態系が破壊されつつある。その一方で、日本は海外から安価な木材を大量に輸入しており、その数は年間木材消費量の7割にも及ぶ。川合は、そのような状況の解消や、森や木が傍にある日本古来の生活文化を現代に取り入れる方法を考え、2016年に「SOMA」を立ち上げた。
一人の木工家が始めた活動は、次第に多くの人々の共感を集め、家具の製造販売にとどまらず、ワークショップやフィールドワーク、森を活かすための活動など、様々なコラボレーションへと発展している。本展は、多面的な活動を展開するSOMAの全体像を俯瞰する初の展覧会となる。会期中はワークショップなどの関連イベントも開催される(詳細はホームページ参照)。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
竹中道具館の常設展示も観覧できるチケットを、抽選で5組10名様にプレゼントいたします(無期限有効)。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「竹中大工道具館 観覧券プレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年2月20日(水)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter