タイトル 企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~
日時 2019年2月8日(金)~5月19日(日)10:00-17:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:火曜(但し、3月26日、4月2日、4月30日は開館)
会場 日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)1階 企画展示ゾーン
料金 大人(19歳以上) 1,600円、中人(小学生~18歳以下)1,000円、小人(3歳~小学生未満)500円、2歳以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル / 受付時間 8:00-22:00)
会場URL https://www.miraikan.jst.go.jp/
展覧会公式サイト https://kojichu2019.jp

厳しい自然環境においても豊かな生活が成り立つのは、土木技術が作ってきた基盤のおかげ。なかでも、ブルドーザやホイールローダといった重機は、現代の工事現場に必要不可欠なものである。また、自然災害の現場においても、重機は早期復興のために欠かせない道具のひとつとなっている。
本展には、これら「重機のオールスター」が大集合。整地、建設、解体といった工事現場の工程ごとに、最新のブルドーザなどの実機(全10機)、ジャンボジェット機と同じ重量をつり上げることができる大型クレーンの運転席や、解体現場で活躍する油圧ショベルのパーツなどが展示され、迫力ある重機を間近にしながら、普段は立ち入ることができない工事現場の世界を体感することができる。また、最新のICT(情報通信技術)や自動運転、ロボット技術、炭素繊維などの新素材を取り入れた技術開発についてもわかりやすく紹介するほか、建設が進む《新国立競技場》の現場の様子についても映像と写真で紹介。土木および建築の最新技術をひも解きつつ、これから工事現場に起ころうとしている劇的な変化や、そこから想起されるサステナブルな未来について、来館者とともに考察する。ミニ油圧ショベルとミニホイールローダの実機に乗車して記念撮影できるコーナーなどもあり、子供から大人まで、幅広い年齢層で楽しめる構成となっている。

<展示内容>
●プロローグ「地球」工事中!―文明を築く技術
●第1章「大地」工事中!―世界を拓く重機たち
●第2章「都市」工事中!―建物、街、生活をつくる
●第3章「都市」再・工事中!―解体の美学
●第4章「未来」工事中?―これからもくらしを支えるために
●エピローグ(シアターエリア)

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「日本科学未来館 工事中!展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月11日(月)。
ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。