タイトル 国立西洋美術館開館60周年記念
ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代
日時 2019年2月19日(火)~5月19日(日)9:30-17:30(毎週金曜・土曜は20:00まで)*入館は各日閉館30分前まで
休館日: 月曜(但し、3月25日、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
会場 国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)本館
注.本展会期中、常設展は新館展示室にて開催(世界遺産に登録された本館展示室の入室には本展観覧券が必要)
料金 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円、中学生以下無料、心身に障害のある方と付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳の提示要)
[建築を楽しむ!相互割引]
「アルヴァ・アアルト ── もうひとつの自然」展(会場:東京ステーションギャラリー|会期:2019年2月16日~4月14日)のチケット(半券可)の提示で、本展の当日券を100円割引で購入可能。本展のチケット(半券可)の提示で上記展覧会を100円割引で観覧可。
注.会場チケット売場での当日券購入時に有効、1枚につき1名のみ有効、他の割引との併用不可
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.nmwa.go.jp/
展覧会特設サイト https://www.lecorbusier2019.jp

20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ(1887-1965)が、近代建築の旗手として名を馳せる以前の活動にスポットをあてる展覧会。
シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)は、生まれ故郷のスイスを離れ、フランス・パリにおいて、画家アメデ・オザンファンとともに、近代精神を表現する新しい芸術「ピュリスム(純粋主義)」の運動を展開する。この頃に描かれた絵画からは、比例と幾何学によって明確な構成を試みた過程や、後のル・コルビュジエの造形思考との関連性をみることができる。ピュリスムの時代を経て、ル・コルビュジエの思想は大きく発展し、絵画や建築、都市計画、インテリア・デザインなどさまざまな表現を通して、「近代の精神」の実現をめざした。また、著書『建築をめざして』(1923年)や建築作品により、近代建築の第一人者として国際的にも注目され始める。
本展では、ピュリスム時代の絵画のほか、建築模型、出版物、映像など多数の資料から、多方面にわたった約10年間の活動を振り返るとともに、花の都パリと呼ばれ、芸術と文化の最先端だった都市に集まった芸術家たちーパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、フェルナン・レジェ、フアン・グリスの絵画や、ジャック・リプシッツ、アンリ・ローランスの彫刻などもあわせて展示し、ル・コルビュジエが多大な刺激を受けた1920年パリの前衛美術の環境を再現する。ル・コルビュジエの建築作品として2016年にユネスコ世界文化遺産に登録された美術館の空間で、ル・コルビュジエが世に出た時代の精神をも体感できる趣向。1959年3月に竣工した同館の開館60周年を記念する展覧会。会期中は講演会スライドトーク特別建築ツアーも開催される。詳細は会場ホームページ(リンク先)を参照。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「国立西洋美術館 ル・コルビュジエ展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月18日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。