タイトル イメージコレクター・杉浦非水展
日時 前期:2019年2月9日(土)〜4月7日(日)
後期:2019年4月10日(水)〜5月26日(日)
10:00-17:00(金曜・土曜は20:00まで)※入館時間は各日とも閉館30分前まで
休館日:月曜(但し、3月25日、4月1日、4月29日、5月6日は開館)、4月9日(火)は本展のみ休室、5月7日(火)
会場 東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)2階 ギャラリー4
料金 一般 500円、大学生250円、高校生以下および18歳未満、65歳以上、キャンパスメンバーズ、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会・賛助会会員、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名迄。シルバー会員は本人のみ)、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
*入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、会員証、障害者手帳等をご提示ください
金曜・土曜は「5時から割引」あり:一般 300円、大学生 150円
*本展の観覧料で、入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」(4-2F)も観覧可
無料観覧日:2019年2月24日(日)、3月3日(日)、4月7日(日)、5月5日(日)、5月18日(土)
*2月24日(日):天皇陛下御在位30年記念、5月18日(土):国際博物館の日
電話番号 03-5777-8600
会場URL http://www.momat.go.jp

日本のグラフィックデザインの創成期に、重要な役割を果たした図案家の杉浦非水(1876-1965)。本展会場となる東京国立近代美術館は、杉浦の遺族から1997年に一括寄贈されたポスター、絵はがき、原画など700点以上を収蔵している。本展では、三越のためのポスターや、数多く手がけた表紙デザインの仕事、原画やスケッチなどのコレクションを、19年ぶりに一堂に展示する。
さらに、非水が手元に残した海外の雑誌やスクラップブック、非水が創立に関わった光風会の展覧会風景や、親交のあった洋画家・藤田嗣治夫妻とのピクニック風景などを写した16mmフィルムなど、貴重な旧蔵資料も初公開。図案の創作にいたるまでの「イメージの収集家」としての側面に焦点をあて、杉浦非水の多彩な活動を改めて検証する。

関連イベント
2019年2月22日(金)
「杉浦非水の目と思考―旧蔵資料から見る」
長井 健氏(愛媛県美術館 学芸グループ担当係長・専門学芸員)

2019年4月19日(金)
「杉浦非水と戦前日本の小型映画」
冨田美香氏(国立映画アーカイブ 主任研究員)
※各日とも18:00から東京国立近代美術館 2階ギャラリー4にて、申込不要・参加無料(観覧券要)

杉浦非水 《銀座三越 四月十日開店》 1930年 東京国立近代美術館蔵

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立近代美術館 杉浦非水展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月4日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter