タイトル 日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画「中国近代絵画の巨匠 斉白石」展
日時 2019年1月30日(水)~ 3月17日(日)
*会期中、展示替えあり:前期 1月30日(水)~2月24日(日)、後期 2月26日(火)~3月17日(日)
開館時間:火~木・日曜:9:30-17:00(入館は16:30まで)、金・土曜:9:30-20:00(入館は19:30まで)
休館日:月曜(※但し、月曜が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜を休館とする)
会場 京都国立博物館(京都府京都市東山区茶屋町527)平成知新館2F-1~4
料金 一般 520円、大学生 260円、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(年齢のわかるものをご提示ください)
※大学生は学生証の提示要
※障害者手帳等(注)をご提示の方とその介護者1名は観覧無料
注.身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズは学生証または教職員証の提示で観覧無料
電話番号 075-525-2473(テレホンサービス)
会場URL https://www.kyohaku.go.jp/jp/

松鷹図 斉白石筆(北京画院)
通期展示

1978年の日中平和友好条約締結から40年を迎えたことを記念して、東京国立博物館(終了/2018年10月30日~12月25日)と京都国立博物館で開催される特別展。日本初公開となる北京画院(ぺきんがいん)の所蔵品を通じて、中国近代絵画の巨匠・斉白石(せいはくせき、1864-1957)の人と芸術を紹介する。
北京画院は、1957年に成立した、中国で最も古く、規模の大きな美術アカデミーのひとつ。斉白石を初代名誉院長に迎え、斉白石の作品をはじめとする名品を数多く所蔵しているほか、創作と研究、人材の養成を通じて、中国美術界の発展と、文化を通じた国際交流に努めてきた。
斉白石は、若い頃に故郷の湖南省湘潭での大工仕事で培った、華やかな色彩と簡潔で力強い墨線の画を得意とし、素朴な描写のなかに、かわいらしさとユーモアがあふれた作風で知られる。造形美を追求した孤高の画家であった一方で、晩年に「人民芸術家」の称号が授けられ、現代中国で最も有名かつ人気のある画家の一人である。今日の中国で最も愛されている画家の魅力に迫る展覧会。会期中、「関連土曜講座」も開催される(日時など詳細はホームページ参照)。

工虫画冊(第一図)斉白石筆(北京画院)(前期展示)

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「京都国立博物館 斉白石展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年2月27日(水)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter