タイトル 「アルヴァ・アアルト ── もうひとつの自然」展
日時 2019年2月16日(土)〜4月14日(日)10:00-18:00(金曜日は20:00まで開館、入館は各日閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、4月8日は開館)
会場 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1丁目9-1)
料金 一般 1,200円、高校・大学生 1,000円、中学生以下無料
※20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引き(介添者1名は無料)
[建築を楽しむ!相互割引のご案内]
「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」展(会場:国立西洋美術館|会期:2019年2月19日~5月19日)のチケット(半券可)の提示で、本展の当日券を100円割引で購入可能。本展のチケット(半券可)の提示で上記展覧会を100円割引で観覧可。
注.会場チケット売場での当日券購入時に有効、1枚につき1名のみ有効、他の割引との併用不可
電話番号 03-3212-2485
会場URL http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

アルミン・リンケ撮影、ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館/Alvar Aalto, 1927-35 ⓒArmin Linke, 2014

フィンランド生まれのアルヴァ・アアルト(1898-1976)は、20世紀を代表する建築家、デザイナーのひとり。モダニズムに自然の要素を取り入れ、人々の暮らしをより良くする建築やデザインを追求し、手がけた個人邸宅や公共建築などにおいて、それぞれの建築にあわせて、家具、壁面タイル、ドアノブに至るまでデザインしたことでも知られ、ディテールへのこだわりも徹底していた。「パイミオのサナトリウム」(1933)や「マイレア邸」(1939)は、建築における有機的な形態と素材の優れた相互作用を体現し、《アームチェア41パイミオ》(1932)や《スツール 60》(1933)は、近代家具の展開に画期的な役割を果たした。ガラスの器《サヴォイ・ベース》(1936)は、今日ではフィンランドを代表するデザイン・アイコンとなっている。
ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムとフィンランドのアルヴァ・アアルト美術館が企画した本展は、2014年9月にドイツ(会場:ヴィトラ・デザイン・ミュージアム)を皮切りに、スペイン、デンマーク、フィンランド、フランスで開催された国際的な巡回展。アアルトのオリジナルドローイング約50点、模型約15点、家具・照明・ガラス製品などのプロダクト約50点、壁面タイル・ドアノブ・家具などの部材サンプル約30点、冊子・写真・映像等の資料約80点、ドイツの写真家アルミン・リンケによる撮り下ろし写真約60点、あわせて約300点の作品を、8つの章に分けて展示する。
日本では約20年ぶりとなる本格的なアアルトの回顧展であり、東京ステーションギャラリーでの展覧会に先立ち、葉山の神奈川県立近代美術館、名古屋市美術館において開催され、好評を博した。東京での会期終了後は青森県立美術館に巡回する。

アルミン・リンケ撮影、パイミオのサナトリウム/Alvar Aalto, 1928-33 ⓒArmin Linke, 2014

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京ステーションギャラリー アアルト展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月18日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter