タイトル 特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」
日時 2019年2月23日(土)~4月7日(日) 9:30-17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜、第4火曜(2月26日、3月26日)
会場 名古屋市博物館(愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)
料金 一般 1,300円、高大生 900円、小中生 500円
電話番号 052-853-2655
会場URL http://www.museum.city.nagoya.jp/

歌川国芳「としよりのよふな若い人だ」名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力を武器として浮世絵のさらなる活性化につなげた歌川国芳(1797-1861)。国芳の武者絵を中心としながら、月岡芳年(1839-92)ら弟子たちの作品にもスポットをあてる展覧会。さらには、未だ国芳らの評価が定まらなかった時代から収集を始め、「芳ファミリー」の魅力の普及にも力を尽くした、尾崎久弥(1890-1972)と高木繁(1881-1946)のコレクションなど、名古屋市博物館が所蔵する浮世絵もあわせて展示、幕末から明治にかけ、国芳の個性がどのように継承、変化していったのかを辿っていく。

展示構成
第1章 ヒーローに挑む/第2章 怪奇に挑む/第3章 人物に挑む/第4章 話題に挑む/終章 芳ファミリー

人々の嗜好に合わせ、最後まで新しい画題と表現に挑み続けた、国芳を領袖とする「芳ファミリー」の活躍を総覧する(注.展示作品には、下の作品のような残虐な描写のものが含まれます)。
会期中、講演会や博物館寄席、担当学芸員による展示解説などの関連イベントも各種開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

月岡芳年「英名二十八衆句 福岡貢」名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「名古屋市博物館 挑む浮世絵 国芳から芳年へ展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月4日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter