タイトル 石本藤雄 マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-
日時 2019年3月9日(土)~4月21日(日)10:00-18:00(入館は17:30まで)休館日:月曜
会場 細見美術館(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3)
料金 一般 1,300円、学生 900円
電話番号 075-752-5555
会場URL http://www.emuseum.or.jp
展覧会特設サイト https://www.fujiwo-ishimoto.com/

石本藤雄

フィンランドの豊かな自然や幼少期を過ごした愛媛県砥部町の風景を創作の源として、意欲的に新しい表現を追求してきた石本藤雄(1941-)。世界中に多くのファンをもつフィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」にて、32年間で400点を超えるテキスタイルデザインを生み出したのち、同国の老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門に所属し、77歳を迎えた現在も陶芸家として数多くの作品を発表している。

石本藤雄 オオイヌノフグリ 2018
©Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto

本展では、石本が生み出したマリメッコデザインの中から厳選したファブリックのインスタレーションや、デザインの基となった原画を展観するほか、近年手掛けた陶の作品を紹介。また、会場である細見美術館が所蔵する鈴木其一や池田孤邨などの琳派の流れをくむ江戸時代の作品などもあわせて展示される。デザイナー、アーティストとして活躍し、人々の心を豊かに彩る石本と、京都で育まれ、身のまわりを美しく飾る意匠を生み出した琳派との、時空を超えた競演が大きな見どころのひとつ。会期中、館の内外でさまざまな関連イベントも開催される(詳細は展覧会特設サイト参照)。
石本藤雄の原点と新たな作品を展示する本展は、3都市を巡回中。石本の故郷である愛媛会場(愛媛県美術館・砥部町文化会館、会期終了)を皮切りに、京都会場(細見美術館)の後、東京会場(スパイラル)での展示を今夏に予定している。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「細見美術館 石本藤雄展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年3月18日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。