タイトル 大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋
日時 2019年3月21日(木・祝)~5月19日(日)10:00-17:00(入館は16:00まで)
休館日:月曜 ※4月29日(月)は開館して翌4月30日(火)休館、5月6日(月)は開館して翌5月7日(火)休館
会場 MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300)
料金 一般 1,100円、大学・高校生 800円、小中学生 300円
会場URL http://www.miho.jp

《唐物丸壺茶入(宗及丸壺) 附 菱形内黒外屈輪文盆》
津田宗及・江月玩所持(南宋時代 12-13世紀)
大徳寺龍光院蔵 全期間展示

臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭のひとつである龍光院は、戦国武将の黒田長政が父・官兵衛の菩提を弔うため、慶長11年(1606)に京都・紫野の地に建立した寺。開祖の江月宗玩和尚は、堺の豪商・天王寺屋の生まれで、父の津田宗及は、堺商人であると同時に茶人であり、千利休や今井宗久と並んで「茶湯の天下三宗匠」と称せられた人物であった。このため龍光院には、宗及ゆかりの名品や美術資料が数多く伝わり、散逸も免れてきたが、いわゆる拝観謝絶の寺であるため、一般の目に触れることは稀である。
本展は、あわせて200件の寺宝が一挙に公開される貴重な機会。国宝の曜変天目や密庵墨蹟、重要文化財の柿栗図(伝牧谿筆)、油滴天目、天王寺屋伝来の名宝、寛永文化の美を伝える江月所用の品、江月に帰依した人々ゆかりの文物、歴代寺伝の什物などが披露される(会期中、一部展示替えあり)。
本展のタイトルにある破草鞋(はそうあい)とは、草鞋(わらじ)をすり切らして長旅をすることで、名師を求めて諸方の禅寺を遍参する行ないを指す。本展では、開祖の江月以来、脈々と受け継がれ、今に生きる禅の法燈、現在の龍光院についても、講演会や坐禅の会などの関連プログラムを各種開催してわかりやすく伝え、四百年の歴史と全容が明らかになる(プログラムの詳細はホームページ参照)。

重要文化財《油滴天目 附 螺鈿唐草文天目台 天字印・分銅形印》
伝津田宗及・江月玩 所持
茶碗/金時代(12-13世紀) 天目台/琉球(16-17世紀)
大徳寺龍光院蔵 全期間展示

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で10組20名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「MIHO MUSEUM 大徳寺龍光院展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年4月1日(月)。ご応募をお待ちしております。

国宝《曜変天目》(南宋時代 12-13世紀)
大徳寺龍光院蔵 全期間展示

国宝「曜変天目」三碗 同時期公開

曜変と呼ばれる瑠璃色の斑文を有し、宇宙に浮かぶ星のように美しい輝きを放って見るものを魅了する「曜変天目」。現存するものは世界に三碗のみとされ、いずれも国宝に指定されている。その貴重な三碗が今春、滋賀、奈良、東京で開催される特別展でほぼ同時期に公開される(3会場とも会期を通して展示)。

大徳寺龍光院所蔵の曜変天目
「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」
(本展)
会場:MIHO MUSEUM
会期:2019年3月21日(木・祝)~5月19日(日)

静嘉堂所蔵の曜変天目(稲葉天目)
日本刀の華 備前刀

会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
会期:2019年4月13日(土)~6月2日(日)
会場URL:http://www.seikado.or.jp

藤田美術館所蔵の曜変天目
国宝の殿堂 藤田美術館展 ―曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき―

会場:奈良国立博物館(奈良県奈良市登大路町50)
会期:2019年4月13日(土)~6月9日(日)
会場URL:https://www.narahaku.go.jp

※3館を巡ると、2・3館目の入館料割引あり
入館受付時にいずれか1館の半券を提示すると、当日入館料から200円を割引(対象は1枚につき1名のみ、他の割引との併用は不可)




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。