タイトル 特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 —明治宮廷を彩る技と美
日時 2019年3月16日(土)~5月10日(金)
展示替えあり 前期:3月16日(土)~4月14日(日)、後期:4月17日(水)~5月10日(金)
開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(但し、4月29日、5月6日は開館、4月30日、5月7日は休館)、4月16日(展示替えのため)
会場 泉屋博古館分館(東京都港区六本木1-5-1)
料金 一般 800円、高大生 600円、中学生以下無料
※障がい者手帳ご呈示の方、および付添人1名様まで無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

《入目籠形ボンボニエール》大正天皇即位礼(通期展示)
大正4年(1915)学習院大学史料館蔵

明治時代、諸外国との外交のために、皇室では洋装を積極的に採り入れた。洋食で外国使臣をもてなした舞台は、現在の浜離宮恩賜公園にあった延遼館、写真などで在りし日の姿を確認できる鹿鳴館、明治宮殿へと移り変わっていく。その一方で、明治皇室は伝統文化の保護を提唱した。「帝室」(皇室)が「技芸」(美術)の制作活動を奨励して、「帝室技芸員」制度を設立した。美術界の最高の栄誉とされた彼らは、日本の伝統美と優れた造形の技を作品に具現化し、海外でも高く評価された。
本展では、それらの変遷を彩った品々ー宮中晩餐会の食器やドレス、ボンボニエールなど、あわせて約150件を見ることができる。明治期の華やかな宮廷文化を紹介するとともに、明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美を総覧する、明治150年を記念する特別展(会期の前後期で展示替えあり)。学習院大学史料館でも共催展を開催(3月20日[水]〜5月18日[土]/詳細)。 会期中、講演会やシンポジウム、ギャラリートークなどの関連イベントも各種開催される(日時・会場など詳細はホームページ参照)。

《鶴亀形ボンボニエール》明治天皇大婚25年祝典(通期展示)
  明治27年(1894)3月9日 個人蔵

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「泉屋博古館分館 華ひらく皇室文化展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年4月1日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。