タイトル 広島市現代美術館 開館30周年記念特別展「美術館の七燈」
日時 2019年3月9日(土)~5月26日(日)10:00-17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜(但し、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
会場 広島市現代美術館(広島県広島市南区比治山公園1-1)
料金 一般 1,200円、大学生 900円、高校生・65歳以上 600円、中学生以下無料
※5月3日(開館30周年記念日)は全館無料
※5月5日(こどもの日)は高校生無料
電話番号 082-264-1121(代表)
会場URL https://www.hiroshima-moca.jp
展覧会特設ウェブサイト https://www.hiroshima-moca.jp/30th_thesevenlamps/

国内では初の現代美術を専門とする公立美術館として、1989年5月にオープンした広島市現代美術館。開館30周年を迎えるにあたり、活動の軌跡と、その基盤となった美術館建築を中心に紹介する特別展が開催される。
同館がこれまでに収集してきたコレクション、および活動を物語る資料を中心に、本展参加作家による新作などを加え、20世紀を代表する建築家・黒川紀章(1934-2007)が設計した建物の全館を使った展示構成に。観客、建築、場所、保存、歴史、逸脱、あいだ、といったキーワードによる7つの章立てにより、この30年の歩みを振り返るとともに、これからの美術館が果たすべき役割ー美術館がまもるべきものと美術館をまもるものとは何か? 活動を支える諸要素について、改めて考察し、捉えなおす。
会期中、アーティスト・トークやワークショップなどの関連プログラムも各種開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

1章「観客」参加によって成り立つ表現

2章「蔵とシンボル」美術館建築と野外彫刻

3章「ここ」広島、ヒロシマ

4章「残すこと」作品の修復、コンサベーションの現在

5章「積み重ね」資料と関連作品による活動の記録

6章「(リ)サーチ」探索と逸脱 田村友一郎による新作インスタレーション

7章「あいだ、隙間、その他」隙間的スペースを活用した作品

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「広島市現代美術館 美術館の七燈展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年4月1日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter