タイトル 日本刀の華 備前刀
日時 2019年4月13日(土)~ 6月2日(日)10:00-16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜(但し、4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火)
会場 静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
料金 一般 1,000円、大高生 700円、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.seikado.or.jp

重要文化財 古備前高綱太刀
鎌倉時代(12~13世紀)静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

日本刀の主要製作地(旧国名:山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇ったことから、今日「刀剣王国」と称されている。備前刀の特徴は、「腰反り」の力強い姿と、杢目を主体とした精緻な地鉄に、「丁子乱れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文とされ、その豪壮にして華やかな作風は、鎌倉武士や戦国武将たちをはじめ、多くの人々を魅了してきた。刀剣それぞれにまつわる歴史的挿話もまた、美術品としての価値を高めている。
本展は、静嘉堂の創設者である岩﨑彌之助が廃刀令直後の明治10年頃から蒐集したものに、息子の小彌太が拡充した刀剣コレクションから、重要文化財4振、重要美術品11振を含む、在銘作約30振を精選して公開される。一文字や長船といった刀工集団が形成される以前、平安時代から備前に続いた刀工の一群「古備前」と呼ばれる初期の刀工群をはじめ、一文字、長船派の歴代(長光・真長・景光・兼光)、直宗派の備前三郎国宗や畠田派、鵜飼派の雲生・雲次、吉井派の真則など、備前物を総覧できる系統だったコレクションが一堂に会する。そのほか、刀剣には欠かせない目貫、笄(こうがい)、小柄などの装剣金具の製造を室町時代後期から手掛け、江戸時代には幕府の御用もつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具もあわせて展示される。備前刀の作風の展開を辿り、総覧する構成。会期中、備前刀に関する講演会や、日本刀制作にたずさわる職人(職方)の実演会などが開催される。さらに会期中、4月27日(土)から5月6日(月)までの期間限定で、美術館前庭にビアガーデンとカフェがオープンするほか、5月11日(土)14時より、館内地下講堂にてコンサートが開催されるなど、各種イベントも多彩。

本展では、静嘉堂所蔵の品として名高い、国宝の曜変天目(通称:稲葉天目)が特別に出品されるのも大きな見どころ。同館の庭園に面したラウンジスペースで展示され、自然光のもと、朝・昼・夕の陽光によって刻々と変化する曜変の景色を鑑賞できる。

国宝 曜変天目(稲葉天目)
中国・南宋時代(12~13世紀)静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

国宝「曜変天目」三碗 同時期公開

曜変と呼ばれる瑠璃色の斑文を有し、宇宙に浮かぶ星のように美しい輝きを放って見るものを魅了する「曜変天目」。現存するものは世界に三碗のみとされ、いずれも国宝に指定されている。その貴重な三碗が今春、滋賀、奈良、東京で開催される特別展でほぼ同時期に公開される(3会場とも会期を通して展示)。

大徳寺龍光院所蔵の曜変天目
大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋

会場:MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300)
会期:2019年3月21日(木・祝)~5月19日(日)
会場URL:http://www.miho.or.jp

静嘉堂所蔵の曜変天目(稲葉天目)
「日本刀の華 備前刀」
(本展)
会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
会期:2019年4月13日(土)~6月2日(日)

藤田美術館所蔵の曜変天目
国宝の殿堂 藤田美術館展 ―曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき―

会場:奈良国立博物館(奈良県奈良市登大路町50)
会期:2019年4月13日(土)~6月9日(日)
会場URL:https://www.narahaku.go.jp

※3館を巡ると、2・3館目の入館料割引あり
入館受付時にいずれか1館の半券を提示すると、当日入館料から200円を割引(対象は1枚につき1名のみ、他の割引との併用は不可)

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「静嘉堂文庫美術館 日本刀の華 備前刀展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年5月10日(金)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter