タイトル 博物館でお花見を
日時 2019年3月12日(火)~4月7日(日)
9:30-17:00(但し、金曜・土曜は21:00まで開館)※入館は各日とも閉館30分前まで
休館日 :3月18日(月)、4月1日(月)
会場 東京国立博物館(東京都台東区上野公園13-9)
料金 一般 620円(520円)、大学生410円(310円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料(入館の際に年齢のわかるものをご提示ください)
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒にご来館の方(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金でご観覧いただけます
※特別展は別料金
電話番号 03-5777-8700(ハローダイヤル)
会場URL https://www.tnm.jp/
詳細 https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=10009

東京・上野の東京国立博物館にて開催される、春の恒例企画。本館の裏手に広がる庭園が一般開放されるほか、桜にちなんだ屏風や器、鐔(つば)などの美術品の展示や、各種イベントとあわせて、さまざまな「お花見」が楽しめる。

本館での主な展示は、狩野長信筆筆による国宝《花下遊楽図屛風》(展示期間:3月12日~4月7日)、狩野永岳筆《舞楽図屛風》(3月12日~4月21日)、江戸時代の打掛《鶸色縮緬地桜風景模様》、色鍋島焼の名品《色絵桜樹図皿》(展示中、4月21日まで)、《月に桜花図鐔》(展示中、5月12日まで)など。
会期中は、講演会、ギャラリートーク、ワークショップ、ガイドツアー、コンサートなども各種開催される(開催日時や参加方法など詳細は、会場ホームページ>イベントカレンダーを参照)。


国宝「国宝 花下遊楽図屛風」狩野長信筆 江戸時代・17世紀 六曲一双
展示期間:3月12日(火)~4月7日(日)場所:本館2室 東京国立博物館蔵

同博物館の庭園は、江戸時代に隆盛を極めた寛永寺が保有していた広大な敷地の一部で、庭園はその名残とされる。かつて動植物の研究部門があった時代に植えられた珍しい樹木や草花が見られるのも魅力のひとつで、春は10種以上の桜に彩られ、上野の隠れた花の名所となっている。

春の庭園開放
2019年3月12日(火)~5月19日(日)10:00-16:00
※時間延長日(19:30まで):3月22日(金)、23日(土)、29日(金)、30日(土)
※4月13日(土)までの毎週金曜・土曜は19:30までライトアップあり(但し、悪天候により中止の場合あり)
※ライトアップ日は本館北側ラウンジのテラスを開放

東京国立博物館 庭園風景



特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。