タイトル へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで
日時 2019年3月16日(土)〜5月12日(日)
※展示替えあり、前期展示:3月16日(土)〜4月14日(日)、後期展示:4月16日(火)〜 5月12日(日)
10:00-17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
会場 府中市美術館
東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
料金 一般 700円、高校・大学生 350円、 小・中学生 150円
※会期中、本展チケットの提示で半額割引あり(1回のみ有効)
※府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料
電話番号 03(5777)8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

仙厓義梵《十六羅漢図》江戸時代後期 個人蔵

中世の水墨画から現代の「ヘタウマ」なものまで、日本人の「へそまがりな感性」が生んだ絵画の数々を展望する、初めての展覧会。
私たち日本人は、プロポーションが美しい仏像や寺社仏閣、精緻な造形美などを好む一方で、不完全だったり不恰好なものにも美を見出し、愛でるという感性を併せ持つ。本展は、正当な技巧を否定した「へんてこ」な俳画や、思わず吹き出しそうな「かわいい」絵図など、いわゆる「ユルい」けれども、強烈なインパクトを放つ不思議な魅力に満ちた、「へそまがり」な作品に着目して構成される。素朴な描画を追求したアンリ・ルソーの油絵や、徳川家光が「たしなみ」として描いた水墨画《兎図》のほか、近年では「奇想の画家」としても知られる白隠慧鶴、曽我蕭白、長沢蘆雪、伊藤若冲、歌川国芳らの作品もあわせて出品される(途中、展示替えあり)。後期展示では、海北友雪筆による、京都・麟祥院の障壁画《雲竜図襖》が出品されるのも大きなみどころ。
「美とは何か」という根本的な問いを見るものに投げかけ、既成概念にとらわれない鑑賞方法の一例を提示する。
会期中、関連イベントとして、「へそまがり日本美術–「ゆるさ」から「苦さ」まで」と題した講演会や、学芸員によるスライドレクチャー、子供向けイベント「へそまがり探検隊!」も開催される(開催日時など詳細はホームページ参照)。




海北友雪《雲竜図襖》 江戸時代前期 京都市・麟祥院

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「府中市美術館 へそまがり日本美術展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年4月1日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter