タイトル 特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」
日時 2019年3月26日(火) ~6月2日(日)9:30-17:00(但し、金曜・土曜は21:00まで開館)※入館は各日とも閉館30分前まで
休館日 :月曜、5月7日(火)(ただし4月1日[月][東寺展会場のみ開館]、4月29日[月・祝]、5月6日[月・休]は開館)
会場 東京国立博物館(東京都台東区上野公園13-9)平成館
料金 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生900円、中学生以下無料
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
電話番号 03-5777-8700(ハローダイヤル)
会場URL https://www.tnm.jp/
展覧会公式サイト https://toji2019.jp

日本国内において、現存する木造の建築物として最大の五重塔を有することで知られる京都の東寺(教王護国寺)は、平安京鎮護の官寺として建立された。823年に嵯峨天皇から弘法大師空海に下賜され、真言密教の根本道場として約1200年の歴史を誇る。講堂には、その当時最先端の仏教だった密教の教えを空海が具象化した仏像彫刻群「立体曼荼羅」を安置する。空海が唐からもたらしたこれらの造形物は、美術品としても極めて価値が高く、貴重なもの。本展では、21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、過去最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品される。このほか、両界曼荼羅図、法具、彫刻、絵画、書跡なども展示され、密教美術の最高峰が一堂に会する(会期中、展示替えあり)。会場では、国宝の11体が360度から鑑賞できるよう配置されるほか、真言密教の秘儀である後七日御修法(ごしちにちみしほ)の堂内の様子も再現して紹介する。 会期中、記念事業として、東寺真言宗僧侶による声明公演や、研究者による講演会も開催される(4月27日講演会は申し込み受付終了、5月11日講演会は4月1日必着分まで受付。詳細はホームページ参照)。また、東京国立博物館東洋館地階のTNM&TOPPANミュージアムシアターにおいて、3月27日よりVR作品「空海 祈りの形」も上演される。


■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立博物館 東寺展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年4月15日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter