タイトル 東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展
日時 2019年3月26日(火)~5月6日(月・祝)9:30-17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜(但し、4月29日と5月6日は開館)
会場 福島県立美術館(福島県福島市森合西養山1番地)企画展示室
料金 一般 1,500円、学生 1,100円、高校生以下無料
電話番号 024-531-5511
会場URL https://art-museum.fcs.ed.jp
展覧会公式サイト https://jakuchu.org

江戸中期に活躍した絵師、伊藤若冲(1716-1800)の画業、生き様などについて、国内外から集められた名品の数々を通して総覧する特別展。
京都の青物問屋の長男として生まれた若冲は、家業のかたわら、狩野派や中国の宋原画などの古典を学びつつ、やがて絵師として独自の画風を確立していく。緻密な線描で極彩色の絵などを描く一方で、伸びやかで自由な筆遣いとユーモラスな表現が特徴的な水墨画も数多く残した。
東日本大震災復興祈念として開催される本展は、今から約230年前に京の都を焼け野原にした天明の大火(1788年)を経験した若冲の、復興に寄せた気持ち、芸術に託した思いを紹介する。例えば、本展に出品される、大阪・西福寺の《蓮池図》(重要文化財)は、京都を焼け出されて避難していたと思われる頃に襖絵として描かれたものだが、水墨による画面から寂寥感が滲み出るとともに、枯れ葉の陰に小さく描き込まれた蓮の蕾に、荒れ果てた故郷の復興への希望がみてとれる。
福島県立美術館では、2013年7月から9月にかけて、世界での屈指の日本美術コレクターとして知られる、アメリカのエツコ&ジョー・プライス夫妻の支援のもと、「若冲がきてくれました プライス・コレクション 江戸絵画の美と生命」展が開催され、曽我蕭白や長沢芦雪、酒井抱一ら江戸期を代表する名品の数々が展示されたが、今回は伊藤若冲単独での特別展となる。アメリカのキンベル美術館、デンバー美術館、フィラデルフィア美術館、ミネアポリス美術館、サンフランシスコ・アジア美術館が所蔵する若冲作品が本展のために“里帰り”するほか、国内各地の寺社や美術館・博物館や、団体・個人所蔵の作品も含めて110点が一堂に会する(会期の前後期で展示替えあり|展示品リスト)。
関連イベントとして、本展と連動したレクチャーなども3月12日から始まっているほか、会期中には無料の講演会も開催される(詳細はホームページ参照)。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「福島県立美術館 伊藤若冲展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年4月8日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。