タイトル 特別展 国宝の殿堂 藤田美術館展
曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき
日時 2019年4月13日(土)~6月9日(日)9:30-17:00 ※毎週金曜日は19:00まで ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜、5月7日(火) ※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館
会場 奈良国立博物館(奈良県奈良市登大路町50番地)東新館・西新館
料金 一般 1,500円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円
名品展(なら仏像館・青銅器館)観覧料金を含む
電話番号 050-5542-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.narahaku.go.jp/

大阪市内にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む、日本・東洋美術の名品を所蔵し、世界でも屈指のコレクションを誇る。明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(1841~1912)とその息子平太郎、徳次郎兄弟の二代3人によって収集された美術工芸品を公開するため、1954年(昭和29)に開館した。 約2,000点におよぶコレクションは、茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など多岐にわたり、奈良にゆかりのある仏教美術も数多く含まれている。
本展は、2022年春に予定されているリニューアル・オープンへ向けて現在は休館中の藤田美術館の名品から、奈良ゆかりの仏教美術や絵巻・茶道具などが特別に出陳され、奈良国立博物館新館の全展示室を使用して紹介する。膨大な私財を投じて、近代以降散逸の危機にあった文化財を収集し、国宝の殿堂と呼ぶにふさわしいコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にもスポットをあてる。世界に三碗しか存在しないと言われる国宝「曜変天目茶碗」をはじめ、「玄奘三蔵絵」「両部大経感得図」「仏功徳蒔絵経箱」など、仏教美術を中心に、出陳件数は128件(うち国宝9件、53件)。館外初公開を含み、かつてない規模で開催される。

国宝 仏功徳蒔絵経箱 平安時代 藤田美術館
国宝 曜変天目茶碗(部分) 中国・南宋 藤田美術館

国宝「曜変天目」三碗 同時期公開

曜変と呼ばれる瑠璃色の斑文を有し、宇宙に浮かぶ星のように美しい輝きを放って見るものを魅了する「曜変天目」。現存するものは世界に三碗のみとされ、いずれも国宝に指定されている。その貴重な三碗が今春、滋賀、奈良、東京で開催される特別展でほぼ同時期に公開される(3会場とも会期を通して展示)。

大徳寺龍光院所蔵の曜変天目
大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋

会場:MIHO MUSEUM
会期:2019年3月21日(木・祝)~5月19日(日)
会場URL:http://www.miho.jp

静嘉堂所蔵の曜変天目(稲葉天目)
日本刀の華 備前刀

会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
会期:2019年4月13日(土)~6月2日(日)
会場URL:http://www.seikado.or.jp

藤田美術館所蔵の曜変天目
「国宝の殿堂 藤田美術館展 ―曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき―」
(本展)
会場:奈良国立博物館(奈良県奈良市登大路町50)
会期:2019年4月13日(土)~6月9日(日)

※3館を巡ると、2・3館目の入館料割引あり
入館受付時にいずれか1館の半券を提示すると、当日入館料から200円を割引(対象は1枚につき1名のみ、他の割引との併用は不可)

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「奈良国立博物館 藤田美術館展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年5月10日(金)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter